イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#948 The Right Place/Gaetano Partipilo (EmArcy-CD)

Gaetano Partipilo - The Right Place

1.110.0 FM
2.New York Meeting
3.Syntax Error
4.Red Over Blue
5.Italian Coffee Break
6.Listening at -3
7.The Scientist
8.Quantum
9.Ballad for a Child
10.Music Home
11.All the Things You Were
12.Sleeping Art Afternoon

Gaetano Partipilo (as,el-p→only5) Roberto Tarenzi (p,el-p→only2,6,7,9,10,12)
Mike Moreno (el-g) Matt Brewer (double-b) Nasheet Waits (ds)

Rec-2007



我が愛するポンコツPCが約6年の短い(?)生涯を全うし臨終致しました。ついにお陀仏であります。起動さえしねぇよ。というわけで兆候を察していたオッサンは、年度末にこっそりと破格値で仕入れておいた中国製のノートPCにこの度スイッチをしました。もはや自分に高級品はいらないと悟ったのでコレで十分であり、当然のことながら今までを思えばかなり快適なのですが、立ち上げればメールのOutlook Expressがすでに無くなっていたり、見たことのないエラーが早速続出して肝を冷やしたりと、日進月歩のテクノロジーを前に早くも右往左往しています。アナクロ人間には何が何やらで、著しく低下した己の理解度はすぐに限界を超え脳みそからプスプスと煙の出る勢い。そんなオヤジが無謀にも新しいメディアにチャレンジ。ツイッターなるものをはじめてみた。未だによく分かっていないのですが、勢いで取り敢えずゴニョゴニョとつぶやきはじめました。一応このブログのサイドにも表示するように設定してみたので物好きな方は冷笑してやって下さい。たぶん碌なことを言わないでしょうが。

相変わらず届く新譜の量が半端ない状態ですが、ここのところのお気に入りは中古で買ったこの盤なのです。自分にとっては一聴して破顔一笑する威力があり、クールな肌触りに聴こえながらも、実はスタイリッシュ且つホットな一面を魅せる演奏で、この上なく自分好みであったということで喜びを禁じ得ません。一般的には崇め奉られることは決して無いでしょうが、これは自分にとっての名盤でありこれからも折に触れ手に取る極私的名品であると確信しました。カッコいいです。

主役はイタリアはバーリ生まれのアルト・サックス奏者、ガエターノ・パルティピロ。昨今の日本でのイタリアン・ジャズを取り巻くムーヴメントは、日本制作のアルバムもたくさんリリースされるほど活況の様相を呈していますが、そのスタイルから察するに彼がそのサークルに加わることはどうやら無さそうです。と云うのもわりと冒険したような作品もあって、パルティピロ&マイルス・オカザキ&ダン・ワイスのトリオで演った彼の4枚目の2008年にリリースされた近作 "I Like Too Much"(Auand) ではアルト・サックスにエフェクトやエコーを大胆に噛まし、演奏も自由度の高いインプロを披露したりして、ここのレーベル・カラーということもあるのでしょうがなかなかスリリングでインパクトのある作品を残しています。そんな一面を持つ彼が、今ではユニバーサル傘下のエマーシー・レーベルから、マイク・モレノやナシート・ウェイツという強力な面子を配して録音しているこのアルバムに対し興味が湧かないはずがありません。

というわけで、個人的にはアウトサイダー扱いをせずに是非聴いて貰いたい作品なのですが、コレは Soul Note から2枚リリースされた後の、彼の3枚目にあたるアルバムでNYで録音されています。基本はギター入りのワンホーンなのですが、ピアノやエレピが入るクインテットと抜けるカルテットが半々、またパルティピロのソロ曲もありという構成になっています。鍵盤が抜けるとタイトで無骨なサウンドが表面化し、ダークな雰囲気にソフトさとハードさを兼ね備えた楽曲が交互に現れます。スローなテンポの曲ではふくよかな音色で唱うパルティピロのアルトも、一転してスピーディーな曲ではエネルギッシュなサウンドに豹変し、荒々しく熱いスピリットを放出します。そして鍵盤が加わると彩りが煌びやかになるのですが、このアルバムの楽曲ではローズピアノが使われたトラックのほうに旨みを感じます。グルーヴ感が倍増し、このグループのエキスが滲み出てくるようなそんな効果を見出しています。そしてそれに絡むマイク・モレノのギターは特筆すべき素晴らしさ。アルトとのユニゾンのキレの良さ、旋回する独特のフレージングにはモレノのファンも納得の活躍でおそらく魅せられてしまうでしょう。リズムも引き締まったサポートで演奏を一段とスリリングに高めていて痺れます。要所で主張するマット・ブリュワーのベース、ナシート・ウェイツのドラムはココではそれほどの派手さは無いものの小気味良いキザミが止めどなく生み出されしっかりと印象に残ります。

楽曲の持つ印象以上の熱を感じられる骨っぽい作品であると感じましたが、現代的な解釈が横溢するジャズであるので、オーソドックスな演奏が好きな向きには若干ハードルが高くなってしまうのかもしれませんね。イタリア人のアルバムとはいえ、如何にもニューヨークのジャズの現在を映し出したかのような濃度の高い演奏です。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/10(月) 05:08:12|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

#926 Promises/Will Vinson (Nineteen Eight-CD)

Will Vinson - Promises

1.Albemarle
2.Believer
3.Philos O'fur
4.Rose Tint
5.Adventures of Bagpuss
6.Promises
7.Lagonic
8.Leafy

Will Vinson (as,ss) Aaron Parks (p) Lage Lund (g) Orlando le Fleming (b)
Rodney Green (ds→except3) Ari Hoenig (ds→only3)

Rec-2006



ロンドン生まれのサキソフォニスト、ウィル・ヴィンソンの "It's for You"(Sirocco) に続くセカンド・アルバム。彼のリーダー作を聴くのは初めてですが、サイドにつられてだいぶ前に買ってみたものです。このアルバムにも1曲だけ参加しているドラマーのアリ・ホーニッグの作品 "Bert's Playground"(Dreyfus) では、逆に彼がサイドとしてアルトを吹いていて、それを自分は既に体験しています。彼は昨日までラージュ・ルンド、ベン・ストリート、ヨッヘン・ルッカート(彼はアーロン・パークスのグループで来日した時に観ました)とともにヨーロッパ・ツアー中だったようで、以前にも書きましたがラージュ・ルンドはダヴィッド・サンチェスのグループでこのギグの後すぐに来日します。ちなみにこのアルバムのピアノのアーロン・パークスは彼のデビュー作にも参加しているようですねぇ。ということでコレにも俄然興味が湧いてきているところです。それとこのアルバムの1曲目と6曲目が彼のウェブサイトでフルサイズで聴くことが出来、他にはカート・ローゼンウィンケル(彼も来日が決まりましたね)とのライブ音源等もアップロードされているのでまずはお試しあれ。

なんというか、音的にはコレに近いメンバーでの演奏を他でいろいろと聴いているので、出てくる音がある程度想像出来て、そういった意味合いでは新鮮味といったものはさほどないのですが、やはり好みのメンバーの演奏であることから満足度は充分に得られました。全てがウィル・ヴィンソンのオリジナルで固められており、それらがよく練られた楽曲ばかりで一聴してすぐ理解できるような平板な曲が皆無であることは、アーロン・パークスやラージュ・ルンドのアルバムにも共通するような香りを放っておりなかなか奥深いです。ヴィンソンはフルートなども吹きますが、ココではアルトとソプラノを使用しており個性的なメロディをいとも容易く繰っています。そしてその音色は実に軽やかでふっくらとした印象ですが、曲調が現代的な解釈でしかも陽的なものが無いに等しいのでそれほど派手さは感じられません。ただし5曲目のような疾走感抜群の曲では、湯水の如く溢れ出る旋律が強烈で、その熱を帯びたリフとともに脳裏に深く刻み込まれます。この曲のアーロン・パークスの爆発具合もスリリングで、デビュー時のアルバムから比べればひと皮もふた皮も剥けた個性を開陳してくれていて嬉しいものがあります。それとラージュ・ルンドの存在感はやはり抜群ですねぇ。彼のギターが加わると空気が確実に変わりアルバムの印象をも支配します。このアルバムでもホーンライクなギターが何とも心地よく、またタップリと執られたソロは流麗で唸らされます。

前述した通りの聴くごとに印象が変化していく(その奥深さに気づかされる)作品で、さらなる新たな発見を求めて繰り返し聴かされると云った、自分にとっては好い傾向のアルバムになっていました。なんともスルメ的な作品です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/01/21(木) 02:57:04|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#905 The Traveller/Sonny Simmons (Jazzaway-CD)

Sonny Simmons - The Traveller

1.Humprhey
2.Armada
3.Spheres
4.Duet
5.Brainstorm
6.Sunset

Sonny Simmons (as,eng-h) Anders Aarum (p) Mats Eilertsen (double-b)
Ole-Thomas Kolberg (ds)
Harald Aadland (vin) Eyleen Siegel (vin) Bendik Foss (viola) Kari Ravnan (cello)
Vider Johansen (fl,cond.)

Rec-2004,2005



ここのところ、ブログに広告が表示されないと記事を更新しないと云った体たらくで、かなりご無沙汰しておりました(一ヶ月以上放置すると一番上に宣伝が表示される仕様なのです)。個人的には波乱の2009年継続中でございます。

そんな中でもやはり新譜を中心に大量に買い込んで聴いています。ステフォン・ハリスやロバート・グラスパーの音楽の振れ幅の大きさに頷き、ヴィジェイ・アイヤーの新境地に触れて感動し、グレッチェン・パーラトに新たなるスタンスを垣間見て、マット・ウィルソンという変わった風合を醸すミュージシャンを初めて知って夢中になり、クリス・ポッターのウネりにヤラれ、エラリー・エスケリンのライブは相変わらずカオスで安心してしまう始末です。また、スティーヴ・リーマンのスケールの大きさは期待以上で、ジョン・ヒックスの晩年のソロを滋味深く味わい、ダニエル・ザミールの呪術的なヴォイス&節回しに翻弄され、ドニー・マッカスリンにダンディズムを感じ、大西順子の変わらない存在感と選曲の妙にほくそ笑んでいます。そしてジェフ・ハミルトン、ジェイソン・モラン入りのナシート・ウェイツ、マーカス・ストリックランドの新譜等々、ドカドカと手元にやってきて聴く時間が足らん足らん。相も変わらず聴くものに一貫性がありませんが、色んなものを聴きたいのだからしょうがない。貪欲すぎて財布は常に軽く、理解度を伴わない残念な耳はもはや救いようの無いレベルにまで達してきましたが、その瞬間が自分にとっての最良の時間であることには変わりは無いのでやっぱり興味は尽きません。そんな調子のジャズ・ライフですがたまには50~60年代の録音のアナログも載せて楽しみますし、今から10~20年前の旧譜CDの探求も惜しみません。そんな中から今日はソニー・シモンズを聴いていました。

漠然と思っていたことなのですが、ソニー・シモンズという人はどの程度聴かれているのかなぁと考えてしまいます。やっぱりフリー・ジャズのイメージが先行して一般的には手に取られていないのでしょうかね。かく云う私もソニー・シモンズのアルバムは殆ど聴けていないけれど、何か引っ掛かるものがあってこうやって旧譜を取り寄せてみたりします。今までは60年代の数枚と、92年の『Ancient Ritual』(Qwest)を聴いている程度です。彼の作品は寧ろ近年のほうが多くリリースされていますね。このアルバムは一聴して彼のアルバムの中でも特異な位置づけにあると感じることが出来ました。コンパクトなストリングスを配置していることにその印象を強いものにしています。

聴いてみてとっつきにくいものではなくて、普通に沁み入ってくるのが面白い。ただし彼の醸す変態的なフレーズは隠しようがなくところどころで滲み出てくるのはご愛嬌です。そんな全6曲のうち、ラストの"Sunset"にグッと来る自分がいます。この一曲は自分にとっての宝であり、このCDを愛でる最大の要因です。この曲になんともいえない哀愁を感じ、直近の自分の日常に投影してしまいます。あぁまたもや辛気臭いことを言ってしまいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/20(日) 01:42:51|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

#884 Manifold/Steve Lehman Quartet (Clean Feed-CD)

Steve Lehman - Minifold

1.Interface D
2.Is This Rhythm?
3.Dusk
4.Interface F
5.Interface C
6.Cloak & Dagger
7.Interface A
8.Berceuse
9.For Evan Parker

Steve Lehman (as,sopranino-sax) Jonathan Finlayson (tp)
John Hebert (double-b) Nasheet Waits (ds)

Rec-2007



こりゃかなりザックリとしてカッコいいではないか。グッと来たんで発売当初に手に入れて以来このCDを繰り返し聴いていて、いまだに何気に手が伸びてしまう回数が多いです。スティーヴ・リーマンのポルトガルでのライブ。リーマンはこのアルバムではアルトはもちろん、これまたよく使用するソプラニーノも導入しています。さすがポルトガルのレーベルであるClean Feed、しっかりとコレを世に問うたところに感心します。フロントはリーマンとトランペットのジョナサン・フィンレイソン。リズムはアンドリュー・ヒルのグループにいたベースのジョン・エイベア(ハバート、ヒバート、エベールとの記載もあり。)に、バカテク・ドラマーのナシート・ウェイツ。ここのところリーマン参加のアルバムにハマっていて、リーダー作のみならずヴィジェイ・アイヤーなどと共演しているグループ「フィールドワーク」なども聴く頻度が高くなっています。

リーマンの逞しく吹かれるアルトは音圧が強くてしっかりとしており、緩急が付いたインプロは病み付きになってしまいます。フィンレイソンのトランペットも自由度が高く、シリアスさとともにある種の大らかさも兼ね備えた奏法はリーマンのリードとともに宙を旋回します。リズムの露出も格別なことこの上なく、生々しく振動するエイベアのベースは臨場感抜群で、ナシート・ウェイツの生み出すパルスは大胆且つエネルギッシュで血圧が上がること必定です。火花を散らすインプロ合戦が中核を為すなか、個人的にはなんといってもアンドリュー・ヒルの名曲「ダスク」が3曲目に収録されていることが嬉しいです。

取っ掛かりの数枚がかなり好印象だったスティーヴ・リーマンは探求せざるを得ない衝動に駆られるアルティストです。またもや財布の紐が緩みがちになり肝を冷やしそうです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/04(月) 23:55:42|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#883 Edmonton Festival '76/Paul Desmond Quartet (Gambit Records-CD)

Paul Desmond - Edmonton Festival '76

1.Just Squeeze Me
2.Darn That Dream
3.Wave
4.Someday My Prince Will Come
5.Wandy
6.Take Five

Paul Desmond (as) Ed Bickert (g) Don Thompson (b)
Jerry Fuller (ds)

Rec-1976



昨年にポール・デスモンドの最後のライブ音源としてリリースされたこのアルバムを取り上げます。同じ頃にデイヴ・ブルーベックのモンタレー・ジャズ・フェスのライブ集『Live At The Monterey Jazz Festival 1958-2007』(Monterey Jazz Festival records)なども出たりして、昨年は彼の関連の新しい発掘音源をよく耳にすることが出来ました。ブルーベックのジャズは硬派なファンには軽んじられるような傾向を感じていますが、自分としてはブルーベックもデスモンドも大好きです。最晩年のデスモンドはどのようなパフォーマンスをしているのか、発売前から楽しみにしていた作品でした。

ここではカナディアン・カルテットと云われた頃の演奏ですが、CTIやHorizonなどのレーベルに吹き込まれた70年代のデスモンドの演奏を殆ど体験していない(CTIの"Summertime"ぐらいしか聴けていません)当方にとっては、この時期の音源はなかなか新鮮に聴こえます。なにせデスモンドのギター・カルテットと云えば真っ先にジム・ホールが浮かんできますので。実際ここで演奏しているエド・ビッカートはジム・ホールからデスモンドに紹介されたようですね。

デスモンドのビロードのようなソフトな音色はそのままで、さらに深みを伴った音色が滋味深く感じられます。ギタリストのビッカートは大々的にフィーチュアされており、丸みのある優しい音色でアルト・サックスとの相乗効果を上げています。リズムの二人も献身的で3曲目のボッサの名曲などは実に良い味わいですね。〆には耳タコになっている十八番が演奏されていますが、ブルーベックのいない「テイク・ファイヴ」も悪くないですね。なにせデスモンド作曲ですから。彼は残念ながらこの演奏の約一年後に他界されてしまいます。

ちなみにこの作品が発売されたGambitという会社は、ジャズ・ジャイアントの旧譜の復刻はもちろんのこと、貴重な未発表音源まで発掘してくるので個人的に無視出来ないレーベルであり常に気になっています。ヘルシンキのコルトレーンとか興味深いタイトルが沢山ありますね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/03(日) 22:48:59|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。