イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#949 Loco Motif/Magnus Hjorth Trio (Calibrated-CD)

Magnus Hjorth - Loco Motif

1.Loco Motif
2.The Locksmith
3.Moscow Nights
4.Between Two Moods
5.The Pattern Maker
6.Go East
7.Cantankerous
8.7 Reasons 4 Separation
9.T.N.T

Magnus Hjorth (p) Petter Eldh (double-b) Snorre Kirk (ds)

Rec-2006



いやぁ、我ながら酷過ぎる。つくづく物事を両立させるということが苦手な人間であることを自覚しました。ツイッターを三週間ほど前から始めてみたのですが思いのほか自分向きであるということに気づき、「RT」とか「QT」とか未だによく理解していませんが、こちらのブログを放ったらかして、それほどの頻度ではないとは云えあちらではデイリーでゴニョゴニョやっておりました。無意味なすかしっ屁のように放たれた己の駄文が、ほかの方のツイートの海にあっという間に消えていく(否、実際は消えやしないけれど・・・)のが思いのほか気持ちよく、自分の中では一応何とか形にしなければと試みていたココのブログのハードルが一段と高くなってしまいました。何せ今日取り上げている素材は半月以上前にアップするつもりであったのにこの体たらく。そろそろ寝かせすぎて発酵しかけているのでいい加減にしておきましょう。アチラさんは意外にも今後の士気に影響しかねないツールになりそうな気が・・・。

行きたいなぁと思っていたマグナス・ヨルトのライブ。ツアー終了からもうかなり経ってしまいました。今月13日の京都公演を皮切りに横浜(14日)新宿(15日)吉祥寺(17日)と4日間のツアーが行われました。もちろんまだ彼のライブに足を運んだことはありません。新譜を追いかけている方はご存知でしょうが、昨年に来日したときのライブ音源 "Someday. Live in Japan"(Cloud) が3ヶ月とちょっと前にCD化されています。今回も同様のメンバー(ベースにペーター・エルド、ドラムスに池長一美氏)でのステージで、このアルバムの発売を記念しての来日公演という意味合いがあったようです。良い演奏だったということをピットインのツイートで確認し悶絶していたので悔し紛れにこのアルバムを繰り返し聴いていました。自分の場合はこの作品以外を未だに聴けていませんので彼がどのように進化しているのかが気になっていたのです。しかも生で観れたチャンス。毎度愚痴を垂れますが、せめて日帰りが出来る距離なら無理しても融通をつけるものの、翌日の早くに用事があったのと終了後に終電のないいつもの境遇に萎えることは確実なので今回は我慢したのです。そうそう、2009年の招聘時の模様が夢枕獏さんのブログの記事にありました。→コレ←と→コレ←。そしてCloudレーベルのブログ→コレ←には今年のツアーでの詳細なカットと帰国後の感想まで載っていました。うーん、ますます行きたかったと後悔が・・・。

このアルバムは彼のファーストになると思うのですが、ウェブ上では2009年の "Old New Borrowed Blue"(Stunt) がデビュー作である旨の記事も散見されますねぇ。・・・ってそんなことを書いているうちに、くだんの二作品もポチッとオーダーしてしまいましたよ。到着したら聴き比べてみますが、そうさせてしまうような威力がこの "Loco Motif" にはしっかり備わっていて、凛とした空気感を持つクールさとハードなタッチも併せ持つ演奏で時々取り出して聴いてしまいたくなる好盤です。

すべての曲をメンバーのオリジナルで占めていますが、芯の通った引き締まった楽曲群は溌剌としたパワーを秘めています。自分の偏向的趣向からエッジの立ったアグレッシヴさを伴う曲にやはり惹かれてしまいますが、このアルバムの中では1曲目とラストに入れ込んでおり、特にラストの9曲目がビンビンで極私的白眉トラックであります。とにかく切れ味の良いピアノで音の一粒一粒の泡立ちが素晴らしく、アルバム・トータルで見ても時にセンシティブであり時にスリリングであります。この力量を前にオッサンは平伏してしまいました。ペーター・エルドのベースもピアノとよく絡み、薫り高く響くラインは聴き所も多くて好いですね。そしてこのアルバムのドラマーはレギュラー・メンバーのスノーレ・カークですが、三位一体の見事なグルーヴを演出していて惹き込まれます。マグナス・ヨルトはスウェーデン人だそうですが、彼の活動の拠点としているデンマークのプレイヤーの水準の高さも実感させる一枚と云えるでしょう。次作は敬愛するガーシュイン集とのことで、ストリングスの入った作品になるようでコレもまた新たな一面を魅せてくれそうです。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/31(月) 05:23:19|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

#948 The Right Place/Gaetano Partipilo (EmArcy-CD)

Gaetano Partipilo - The Right Place

1.110.0 FM
2.New York Meeting
3.Syntax Error
4.Red Over Blue
5.Italian Coffee Break
6.Listening at -3
7.The Scientist
8.Quantum
9.Ballad for a Child
10.Music Home
11.All the Things You Were
12.Sleeping Art Afternoon

Gaetano Partipilo (as,el-p→only5) Roberto Tarenzi (p,el-p→only2,6,7,9,10,12)
Mike Moreno (el-g) Matt Brewer (double-b) Nasheet Waits (ds)

Rec-2007



我が愛するポンコツPCが約6年の短い(?)生涯を全うし臨終致しました。ついにお陀仏であります。起動さえしねぇよ。というわけで兆候を察していたオッサンは、年度末にこっそりと破格値で仕入れておいた中国製のノートPCにこの度スイッチをしました。もはや自分に高級品はいらないと悟ったのでコレで十分であり、当然のことながら今までを思えばかなり快適なのですが、立ち上げればメールのOutlook Expressがすでに無くなっていたり、見たことのないエラーが早速続出して肝を冷やしたりと、日進月歩のテクノロジーを前に早くも右往左往しています。アナクロ人間には何が何やらで、著しく低下した己の理解度はすぐに限界を超え脳みそからプスプスと煙の出る勢い。そんなオヤジが無謀にも新しいメディアにチャレンジ。ツイッターなるものをはじめてみた。未だによく分かっていないのですが、勢いで取り敢えずゴニョゴニョとつぶやきはじめました。一応このブログのサイドにも表示するように設定してみたので物好きな方は冷笑してやって下さい。たぶん碌なことを言わないでしょうが。

相変わらず届く新譜の量が半端ない状態ですが、ここのところのお気に入りは中古で買ったこの盤なのです。自分にとっては一聴して破顔一笑する威力があり、クールな肌触りに聴こえながらも、実はスタイリッシュ且つホットな一面を魅せる演奏で、この上なく自分好みであったということで喜びを禁じ得ません。一般的には崇め奉られることは決して無いでしょうが、これは自分にとっての名盤でありこれからも折に触れ手に取る極私的名品であると確信しました。カッコいいです。

主役はイタリアはバーリ生まれのアルト・サックス奏者、ガエターノ・パルティピロ。昨今の日本でのイタリアン・ジャズを取り巻くムーヴメントは、日本制作のアルバムもたくさんリリースされるほど活況の様相を呈していますが、そのスタイルから察するに彼がそのサークルに加わることはどうやら無さそうです。と云うのもわりと冒険したような作品もあって、パルティピロ&マイルス・オカザキ&ダン・ワイスのトリオで演った彼の4枚目の2008年にリリースされた近作 "I Like Too Much"(Auand) ではアルト・サックスにエフェクトやエコーを大胆に噛まし、演奏も自由度の高いインプロを披露したりして、ここのレーベル・カラーということもあるのでしょうがなかなかスリリングでインパクトのある作品を残しています。そんな一面を持つ彼が、今ではユニバーサル傘下のエマーシー・レーベルから、マイク・モレノやナシート・ウェイツという強力な面子を配して録音しているこのアルバムに対し興味が湧かないはずがありません。

というわけで、個人的にはアウトサイダー扱いをせずに是非聴いて貰いたい作品なのですが、コレは Soul Note から2枚リリースされた後の、彼の3枚目にあたるアルバムでNYで録音されています。基本はギター入りのワンホーンなのですが、ピアノやエレピが入るクインテットと抜けるカルテットが半々、またパルティピロのソロ曲もありという構成になっています。鍵盤が抜けるとタイトで無骨なサウンドが表面化し、ダークな雰囲気にソフトさとハードさを兼ね備えた楽曲が交互に現れます。スローなテンポの曲ではふくよかな音色で唱うパルティピロのアルトも、一転してスピーディーな曲ではエネルギッシュなサウンドに豹変し、荒々しく熱いスピリットを放出します。そして鍵盤が加わると彩りが煌びやかになるのですが、このアルバムの楽曲ではローズピアノが使われたトラックのほうに旨みを感じます。グルーヴ感が倍増し、このグループのエキスが滲み出てくるようなそんな効果を見出しています。そしてそれに絡むマイク・モレノのギターは特筆すべき素晴らしさ。アルトとのユニゾンのキレの良さ、旋回する独特のフレージングにはモレノのファンも納得の活躍でおそらく魅せられてしまうでしょう。リズムも引き締まったサポートで演奏を一段とスリリングに高めていて痺れます。要所で主張するマット・ブリュワーのベース、ナシート・ウェイツのドラムはココではそれほどの派手さは無いものの小気味良いキザミが止めどなく生み出されしっかりと印象に残ります。

楽曲の持つ印象以上の熱を感じられる骨っぽい作品であると感じましたが、現代的な解釈が横溢するジャズであるので、オーソドックスな演奏が好きな向きには若干ハードルが高くなってしまうのかもしれませんね。イタリア人のアルバムとはいえ、如何にもニューヨークのジャズの現在を映し出したかのような濃度の高い演奏です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/10(月) 05:08:12|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。