イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#950 In a Dream/Gretchen Parlato (ObliqSound-CD)

Gretchen Parlato - In a Dream

1.I Can't Help it
2.Within Me
3.Butterfly
4.In a Dream
5.Doralice
6.Turning into Blue
7.E.S.P.
8.Azure
9.On the Other Side
10.Weak

Gretchen Parlato (vo,handclaps→only1,3,5,9,perc→only7,9)
Lionel Loueke (g→except6,10,vo→only1,3,5,8,9)
Aaron Parks (p→only2,6,8,el-p→only4,7,9,10,org→only4,6,glockenspiel→only6,syn→only10)
Derrick Hodge (b→only2,4,6,8,el-b→only3,7,9,10)
Kendrick Scott (ds→only2,4,6,9,10,perc→only2)

Rec-2008



スポーツ観戦漬けでかなり生活が不規則になっています。サッカーでは日本は残念でしたが大健闘でした。強豪同士のぶつかり合いが多く観れるこれからがさらに佳境なので、寝不足状態になるのは引き続き悩ましいところです。週末からはツール・ド・フランスも始まるし、いよいよ消耗戦になってきそうです。そして放置し放題のココを久しぶりに確認すれば、広告がドカッと一番上に出ていたのでこっそりと更新しておきます。FC2というブログ会社はひと月以上放置するとトップにグーグルの広告が掲載される仕組みになっているのです。

えー、ヴォーカルというのは多分に好みの差異が出やすいものであるので、自分が声高に「好い」といっても反応が薄かったり、またその逆も然りであります。また自身の好みにも変遷が生じてくるので、贔屓だったヴォーカリストの作品をいつの間にか手に取らなくなっていたりして、全く移り気なこと甚だしいです。で、今の自分にフィットするのはリラックスしたスタイルのヴォーカリストで、適度なレイジーさがあればなおさら食いつきます。最近ではスールヴァイグ・シュレッタイェル "Solveig Slettajell" などがその部類のタイプで夜な夜な引っ張り出しておりますが、グレッチェン・パーラトもその点ストライクで、且つボッサ・テイスト溢れる歌唱は当方の嗜好とも合致し、駄耳が歓喜させられるタイプの嬉しい歌い手の一人であります。このアルバムはその欲求を十分に満たしてくれ、しかも素晴らしいメンバーのサポートを受けた彼女のセカンド・アルバムになります。

彼女のリーダー作はまだ2枚しか無いのですがレコーディング・キャリアは意外と長く15年以上あり、また様々なアーティストとの交流は多岐に亘り、かなり前からその魅力の片鱗をあちこちで耳にしていました。しかもアルバムに丸ごと参加といった形ではなく数曲で華を添えるといったパターンが殆どで、買ってみたCDで思いがけず遭遇するようなケースもあったりして、なんだか突然のオマケを頂戴したような感覚によってこちらも自然と意識づけられたようなフシがあります。振り返れば "Terence Blanchard"、"Lionel Loueke"、"Francisco Pais"、"Kendrick Scott"、"Nick Vayenas"、"Walter Smith III" 等の作品で、「あら、こんなところに」と云った塩梅でお近づきになることがしばしば。また彼女は日本人のアルバムに多数参加しており、ヴァイヴ奏者の山下真理さんの二枚のリーダー作をはじめ、一週間ほど前(6月23日)に新作をリリースしたギタリスト、西藤大信(ヒロノブ)さんの Fresh Sound New Talent での作品、ギターの阿部大輔さんの Nagel Heyer 盤等、NYを拠点としたアーティストとのコラボレートが目を惹きます。共演しているアーティストを辿ればその人脈が垣間見えてきて、なかなか興味深いものがありますね。

リオーネル・ルエケの個性的ながら心地好いアコギに乗って歌唱されるファースト・アルバムは大のお気に入りで、このアルバムに引き続き参加しているのはそのルエケとアーロン・パークスですが、明らかに耳心地に変化を生じたのはアーロン・パークスが曲によってエレピを使用したトラックが存在していること。このアルバムが発売される前から既に npr music(リンクあり) でアップロードされていたラストの10曲目 "Weak" を聴いたときは、彼女の新境地を見出したかのような興奮を覚えましたが、このトラックもエレピで弾かれているナンバーです。前作はルエケのオリジナルやビョーク、ジョビンなどの楽曲を取り上げ、ボッサ・カラーを前面に出した印象を持ちましたが、この作品では下地はしっかり残しつつも、よりコンテンポラリーなサウンドで攻めてきて嬉しくなります。収録されている曲の触れ幅が前作よりも大きく、そういう意味ではより変化に富んだ作品になったと言ってもいいのかも知れません。どちらのベクトルも自分にとって好ましい傾向であるので、より親しみを持てたアルバムとなりました。

衣服が半袖になり暑くなってくると、彼女のヴォーカルがとてもマッチする季節になったなぁと感じてしまうのは自分だけでしょうかね。頻繁に手にする気候になってきたと日々の蒸し暑さに萎えつつ楽しんでいます。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/30(水) 23:58:03|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。