イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#10 From Vienna With Jazz !/Friedrich Gulda His Piano and Big Band (Columbia)

Friedrich Gulda


A
1.Music for Piano and Band-1st Movement
2.Music for Piano and Band-2nd Movement

B
1.Music for Piano and Band-3rd Movement
2.The Veiled Old Land

Friedrich Gulda (p,comp.,-arr.,cond.) Benny Bailey (tp) Idrees Surieman (tp)
Ray Premru (bass-tp) Erich Kleinschuster (tb) Rudolf Josl (bass-tb)
Rolf Schneebiegl (french-horn) Alfie Reece (tuba) Sahib Shihab (as)
Heinz Bigler (as,cl) Tubby Hayes (ts) Lennart Jansson (bs)
Pierre Cavalli (g) Jimmy Woode (b) Mel Lewis (ds)

Rec-1964



オーストリア人のフリードリッヒ・グルダ、クラシック&ジャズの両刀使い。
でもクラシック界でのほうが有名でしょうか。作品も多いし。
同じ両刀使いでピアニストのアンドレ・プレヴィンもいます。プレヴィンの作品もいずれ取り上げます。

それにしてもこのジャケット、いいですね。でもなぜバリトンなんだろう?何か意味があるのかもしれませんが・・・。

このアルバムは曲名の通り、ビックバンド(ブラバン)を率いてグルダの力強いピアノが炸裂します。個人的にはあまりビックバンドは聴かないのですが、これは音の迫力が凄く、たまに聴いています。

あまり有名なアルバムではないので紹介されることは少ないですが、バンドのメンバーになかなか興味深い名前があったので紹介します。

パーソネルの一覧がジャケ裏に無く、小生のショボイ英文解釈でライナー本文から抽出したのが上記メンバーです。

ヨーロッパのアーティストが多いですが、なかでも最近CDやアナログが復刻されているタビー・ヘイズや、バリトンのサヒブ・シハブ、ペットのアイドリース・シュリーマンあたりに反応するジャズ・ファンは多いんじゃないでしょうか?でもビッグバンドの演奏で各自にソロがあるわけではなく、あくまでもグルダのピアノを引き立たせるバックに徹しています。

ただ、分厚いアンサンブルがピアノを俄然引き立たせているのでスケールの大きさを満喫することが出来るアルバムです。

興味のある方は是非探してみてください。比較的安く手に入ると思いますよ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/01(水) 01:26:22|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#11 Jazz Focus '65 -Bulgarian Jazz Quartet- (MPS) | ホーム | #9 After Hours/Dusko Goykovich (Enja)>>

コメント

渋いところ

興味津々のぞかせていただきました。
渋いところのアルバム選に惹かれます。
私の知らない世界・・・
下のリチャードデイビスはコンピものできいただけ。
黒かった。
グルダも最近ジョーザビヌル関係の本を読んでいて知りました。
機会があば聴きたい。
  1. 2006/11/01(水) 10:26:12 |
  2. URL |
  3. jettman #QjzkEOgs
  4. [ 編集]

コメント有難うございます。

>>jettman様、
コメント有難うございます。最近始めたブログなので、感想をいただけると嬉しいです。
おっしゃられるとおり、我ながら渋いセレクトに苦笑しております。
ど素人の小生が、いわゆる名盤にコメントするのは躊躇してしまうのです。
ベーシストの渋いアルバムも取り上げていこうと思っておりますので、また時々覘きに来て頂ければ幸いです。
  1. 2006/11/01(水) 17:35:16 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/10-408fb0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。