イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#119 Zeitgeist/Denny Zeitlin (Columbia)

Denny Zeitlin


A
1.Dormammu
2.Put Your Little Foot Right Out
3.The Hyde Street Run
4.Here's That Rainy Day
5.I Got Rhythm
6.Maiden Voyage

B
1.Offshore Breeze
2.Night and Day
3.Mirage

Denny Zeitlin (p) Joe Halpin (b) Oliver Johnson (ds)
Charles Haden (b→onlyB-1,B-3) Jerry Granelli (ds→onlyB-1,B-3)

Rec-1966



デニー・ザイトリンは医大在学時代よりコロムビアに吹き込みを始めデビュー作から4枚続けて発表しましたが、このレコードは最後の4枚目の作品。この後彼は精神科医として従事、長いブランクの後80年代に本格的にカムバックします。

カムバック後の作品の評価も高いようですが何せ未聴なものでコメントすることも出来ませんが、コロムビアの4枚も若々しく斬新な切り口でスタンダードやオリジナルを料理しています。時折顔を出すフリー的アプローチもクドイものではなく、逆に彼ならではの個性的な表現方法でスパイスを効かせたアレンジとも感じられます。A-6などの解釈は興味深いものがあります。

彼のコロムビア盤は3枚目のライブ盤ばかりが再発されていますが他のスタジオ作品にもスポットを当てて頂きたいものです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/02/18(日) 00:17:37|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#120 Gongs East!/The Chico Hamilton Quintet (Werner Bros.) | ホーム | #118 Kontraste/Joe Viera Sextett Live (Calig)>>

コメント

「Zeitgeist」やっとCD化されましたね、

COLUMBIA時代の4枚の内、スタジオ録音3枚とその未発表音源がMosaicからBOXセットで。
あたかもぬどいさんのコメントを読んでいたかのようなスマートな再発で、慶ばしいことですね。

ザイトガイストという、自分の名前に引っかけた精神科医らしい機知あるタイトルもピッタリです。
“Night And Day”を挟んだB面など素晴らしくこの後活動を休止してしまったのが惜しまれます。

俗にエバンス派として括られることのあるザイトリンですがどうもシックリこず違和感を覚えます。
彼の雄大な曲想と呪術的なプレイ、粘っこいタッチは耽美な叙情性を寄せつけない異質さです。

言うなれば心の深淵を垣間見せるような暗さとそれでも人間を信じる暖かみが同居しています。
そこには箱庭療法のような物語性があり、まるで映画を見ているような深い余韻を残すのです。

ぬどいさんの音楽の感性とそれを言葉にする筆力には凄みすら覚え畏敬の念を禁じえません。
私の知る限り最も深い所でジャズを受容されている方に違いなく素直に羨ましいなと思います。
  1. 2009/03/22(日) 00:36:44 |
  2. URL |
  3. Road_to_nowhere #mQop/nM.
  4. [ 編集]

知りませんでした。

Road_to_nowhereさん、こんにちは。

コメントを頂戴して調べてみましたらそのBOXは既にリリースされていたんですね。自分でこのような物を書いておきながら全く気がついておりませんでした。"Cathexis"と"Carnival"のカップリングCDは以前出ていたようですが、ライブを除いた3枚がBOXで出るとは快挙ですね。しかも未発表がかなりのヴォリュームで収録されていることに、手元にレコードがありながら食指がソソられてしまいます。

そういえば彼を語る時にエヴァンスの名が引き合いに出されていましたね。パッと聴きの印象だけならエヴァンスと結びつけたくなるのもわかるのですが、彼の放つニオイは明らかに特有ですよね。改めて聴き返していますが特にこのアルバムはザイトリンの才気煥発した表現力豊かなプレイが際立っているように思っています。未だ聴けていないので判りませんがやはりカムバック後の近年の彼にはこの頃と違った変化が生じているのでしょうか。

「好きこそ物の上手なれ」なのか「下手の横好き」なのか自分では判りませんが、日課で書きなぐっていると何となくコナレてきて調子づいてしまいますが、自分の私感が読み手の皆様方がどのように捉えられておられるのかはなかり恐怖があります。好き勝手をやっているくせに気が小さいです(笑)。

しかし自分の書いた過去ログを読んでみるとかなり淡白な内容ですね。折りを見て加筆でもしてみようかと考え中です。
  1. 2009/03/22(日) 14:38:31 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/120-6183bbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。