イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#123 Milt Jackson at the Museum of Modern Art (Limelight)

Milt Jackson


A
1.The Quota
2.Novamo
3.Enigma
4.Turqoise

B
1.Chyrise
2.Montetei
3.Simplicity & Beauty
4.Flying Saucer
5.Namesake

Milt Jackson (vib) James Moody (reeds,vo) Ceder Walton (p)
Ron Carter (b) Candy Finch (ds)

Rec-1965



ミルト・ジャクソン。ご存知MJQの中心メンバー。思うのですがMJQは洗練されたイメージで捕らえているのですが、ミルト・ジャクソンのリーダー作に関してはエネルギッシュ&泥臭さ&明るさが全面に出ていると感じるのですが如何でしょう??やっぱりジョン・ルイスの存在が大きく関係しているのでしょうか?

このアルバムはライブということもあって、ノリの良さが全体的に伝わってきます。MJQのような計算されたジャズと違い、楽しんで演奏していることが垣間見えます。ジェームス・ムーディのヴォーカルまで楽しめるB-3など内容も盛り沢山でミルトのワイルドな一面を感じることの出来るアルバムです。

しかし、ライムライトのジャケットの作りは秀逸ですね。これはWジャケですが飛び出す絵本の如き細工がされていて凝った作りになっています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/02/22(木) 01:01:10|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#124 Rene Urtreger, Pierre Michelot, Daniel Humair (Carlyne Music) | ホーム | #122 Manteca/Red Garland (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/127-c3397205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。