イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#133 Glass Bead Games/Clifford Jordan Quartet (Strata-East)

Clifford Jordan


A
1.Powerful Paul Robeson
2.Glass Bead Games
3.Prayer to the People
4.Cal Massey

B
1.John Coltrane
2.Eddie Harris
3.Biskit

C
1.Shoulders
2.Bridgework
3.Maimoun

D
1.Alias Buster Henry
2.One for Amos

A-1,A-4,B-1,B-2,B-3,C-3,D-1

Clifford Jordan (ts,vo→onlyA-1) Stanley Cowell (p)
Bill Lee (b,vo→onlyA-1) Billy Higgins (ds,perc,vo→onlyA-1)

A-2,A-3,C-1,C-2,D-2

Clifford Jordan (ts) Ceder Walton (p) Sam Jones (b)
Billy Higgins (ds,perc)

Rec-1973



昔、ジャズ喫茶の大人気盤だった、クリフ・ジョーダンの『in the World』が昨年(だったっけ?)にCDで再発されて快哉を叫んだ方も多かっただろうと思いますが、同じストラタ・イーストのコレもイカしているのをご存知でしょうか?こちらのほうが今までは比較的入手は簡単だったので、もし未聴の方はこの機会に是非ともお勧めしますよ。

彼の男っぽい太い音色はこのアルバムでも勿論健在で、気持ち良い位の鳴りっぷりです。この音を聴いていると血流が早くなります。この時代特有の呪術的な雰囲気も持ち合わせたナンバーも含まれており彼のワン・ホーンが冴えまくっています。作品全体にコルトレーン臭を感じますが、豪快さと暖かさを併せ持った稀有なアーティストだと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/23(金) 00:02:05|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#134 Love for Sale/Cecil Taylor Trio and Quintet (United Artists) | ホーム | #132 Little Johnny C/Johnny Coles (Blue Note)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/137-2fc5dae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。