イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#136 Empathy/Bill Evans (Verve)

Bill Evans


A
1.The Washington Twist
2.Danny Boy
3.Let's Go Back to the Waltz

B
1.With a Song in My Heart
2.Goodbye
3.I Believe in You

Bill Evans (p) Monty Budwig (b) Shelly Manne (ds)

Rec-1962



ビル・エヴァンスものジャズ・ジャイアントになると、それこそ数多の作品に対する論評が往時より語り尽くされてきて、ある意味評価が定まったような感がありますよね。まあ、エヴァンスに限らずビックネームの宿命ではありますが。ただ、人には思い入れというものがあって、そういう嗜好の強い当方としては、エヴァンスの中でマイナーながらも外せない一曲というものがこのアルバムの中に収められています。

もともと『ダニー・ボーイ』というトラッドが大好きで、それこそ演奏されているテイクも多いので、色々なアーティストの様々なトラックを耳にすることが可能ですが、このアルバムに収録されているA-2の無駄の無い三人のバランスと、何の装飾もいらない極上の展開に何度もリピートしてしまう常習性を植え付けられてしまいました。ベースの入るタイミング、シェリー・マンのシンバル・ワークに殺られます。

このアルバムへの小生の想いはA-2に尽きるのですが、A-3、B-3辺りも好きですね。無論彼の代表作と称される作品群についてもすべて愛聴しております。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/26(月) 00:00:33|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#137 Jazz in a Stable/Herb Pomeroy (Transition) | ホーム | #135 Extrapolation/John McLaughlin (Polydor)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/141-57e2df85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。