イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#144 Delightful Doris Drew (Mode)

Doris Drew


A
1.I've Got the Sun in the Morning
2.Cabin in the Sky
3.There Will Never be Another You
4.Wrap Your Troubles in Dreams
5.He's My Guy
6.Once You Find Your Guy

B
1.You are the Night and the Music
2.If I Should Lose You
3.I Only Have Eyes for You
4.I Cried for You
5.I Love You
6.Something to Remember You By

Doris Drew (vo) Marty Paich (p,celeste) Don Fagerquist (tp)
Herb Geller (as) Bob Enevoldsen (valve-tb) Dave Pell (ts)
Al Viola (g) Max Bennett (b) Mel Lewis (ds) and the Hollywood Strings

Rec-1957



ゆったり寛ぎたいときにこの作品を載せます。ドリス・ドリューも大変好みのヴォーカリストですが、彼女のみならずバックの素晴らしい演奏に心奪われて参っております。

モード・レーベルでリーダー作を発表しているマーティ・ペイチやメル・ルイス、アル・ヴィオラなどのサポートを得て実にリラックスした感じで好感を持っています。バックの演奏の雰囲気としては『チェット・ベイカー・シングス』の編成を倍に増やしてストリングスを挿入しスケールを大きくしたような音の作りで、全体的に彼女のヴォイスをより甘く演出するような効果を上げています。うーん、ちょっと無理矢理で解りにくい例えですな^^;表現力の乏しさをお許し下さい。ドリスの柔らかい声に骨抜きにされる、そんな一枚です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/04/07(土) 00:03:59|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#145 Introducing George Muribus (Catalyst) | ホーム | #143 Tony Scott in Hi-Fi/The Tony Scott Quartet (Brunswick)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/148-9491e796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。