イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#149 Bud Shank with Shorty Rogers & Bill Perkins Quintet (Pacific Jazz)

Bud Shank (day)


A
1.Shank's Pranks
2.Casa de Luz
3.Lotus Bud
4.Left Bank
5.Jasmine
6.Just a Few

B
1.Paradise
2.Fluted Columns
3.I Hear Music
4.Royal Garden Blues
5.A Sinner Kissed an Angel
6.It Had to be You

Side-A 『Bud Shank Quintet Compositions of Shorty Rogers』

Bud Shank (as,al-fl) Shorty Rogers (fl-h) Jimmy Rowles (p)
Harry Babasin (b) Ray Harte (ds)

Side-B 『Bud Shank & Bill Perkins - Quintet』

Bud Shank (as,ts,bs,fl) Bill Perkins (as,ts,fl) Hampton Hawes (p)
Red Mitchell (b) Mel Lewis (ds)

Rec-1954,1955



別名『昼と夜のシャンク』。当方の所有は2ndのワールド・パシフィック盤。このアルバムの正式名称がよく判らないので題記は適当にしてしまった。一応レーベルには各々にタイトルが表記してあるのでパーソネルの上に改めて列記しておきました。で、この作品ではお約束のジャケ裏もアップしておきます。

Bud Shank (night)

昼サイドはショーティ・ロジャースとのセット、夜サイドはビル・パーキンスとのセット。当方の好みはどちらかというとビル・パーキンスのサイドかな。ただホンネを言うとそんなにウエストは得意ではないんですよね。軽快さが前面に出ていることとアレンジのほうに重きを置いているようなそんな気がして。まあ、凡庸な頭では良さが判らんのでしょうなぁ。でも全く聴かないという偏屈でもないんですよ^^;

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/04/12(木) 00:02:00|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#150 Blues Sonata/Charlie Byrd (Riverside) | ホーム | #148 Barrel House Piano/Meade "Lux" Lewis (Tops)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/157-9fd14246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。