イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#153 Angel Eyes/Duke Pearson (Jazz Line)

Duke Pearson


A
1.Bags' Groove
2.Le Carrousel
3.Angel Eyes
4.I'm an Old Cow Hand

B
1.Jeannine
2.Say Your Mine
3.Exodus

A-1,A-2,A-4,Side-B

Duke Pearson (p) Thomas Howard (b) Lex Humphlies (ds)

Rec-1961

A-3

Duke Pearson (p) Bob Cranshaw (b) Walter Perkins (ds)

Rec-1962



お気に入りのアルバム。全ての演奏が好みですが、特にB-1のピアソンのオリジナルに惹かれる。このアルバムについて回る稀少性云々などはどうでもよく、掛け値なしに内容が良い。音質も良いですしね。個人的にはブルー・ノート諸作よりも思い入れの強いアルバムです。

ピアソンのプレイは無論快調なのですが、このアルバムでひと際目立っているのはレックス・ハンフリーのドラムと思っています。シンバル・レガードやリム・ショットなどが心地よく響きます。唯一違うセットで録音されたA-3は、このアルバムの中でも出色の美しさです。中途半端な終わり方がなんとも気になるところですが。

ピアソンはこのジャズ・ラインというレーベルに『Hush!』という二人のトランペッターを加えたクインテットでの作品も残しています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/04/16(月) 00:03:25|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#154 Teresa Brewer and the Dixieland Band (Coral) | ホーム | #152 Improvisations/Stephane Grappellly and His Quintet (EmArcy)>>

コメント

はじめまして

はじめまして、加持というジャズ好きです。
「Jeannine」に反応して書き込みしました。

いい曲ですよね。私もこの曲が好きで、このCDはもちろん、D.バードのハーフノートでのライブ、バド・パウエルとドン・バイアスの競演盤などを買いあさりましたよ。
それではまたお邪魔します。
  1. 2007/04/16(月) 18:24:20 |
  2. URL |
  3. 加持顕 #tHX44QXM
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

加持さま、こちらこそはじめまして。

「Jeannine」いいですよね。加持さまのコメントに触発されて、Don ByrdのHalf-Noteを聴きながら返信をさせて頂いています。
Powell&Don Byasの作品はまだ未聴でした。比較してみたいのでどれに収録されているのかこの後調べてみます。

宜しければまたお越しください。
  1. 2007/04/16(月) 22:22:07 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

バドのアルバムタイトルです。

加持です。すいませんコメント書いたときアルバム名度忘れしてました。WEB検索すると概要は次の通りです。

Don Byas/Bud Powell - A Tribute To Cannonball (Columbia JC 35755)
Idrees Sulieman (tp -1/4) Don Byas (ts) Bud Powell (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Recoreded on December 15, 1961
at Studio Charlot, Paris, France

私の手持ちは、1997年にSONYから発売された紙ジャケット仕様のものです。C.アダレイのプロデュース作品で、録音から20年位未発表だったアイテムのようです。では、長々とすいませんでした。
  1. 2007/04/17(火) 11:16:30 |
  2. URL |
  3. 加持顕 #tHX44QXM
  4. [ 編集]

お知らせ頂き有難うございました

加持さま、こんばんは。

ご丁寧にお知らせ下さり感謝申し上げます。

このアルバムは知りませんでした。ヨーロッパでの客演時のものですね。
Amazonのmp3で演奏を確認しましたが、また雰囲気が違って全編で聴いてみたくなりました。
どうやらCDは昨年改めて復刻されているようですね。アナログの入手は難しそうなのでCDをチェックしてみようと思います。

再度のコメント有難うございました。
  1. 2007/04/17(火) 18:50:44 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/160-a326cea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。