イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#158 Curtis Fuller with Red Garland (New Jazz)

Curtis Fuller with R.G.


A
1.Seeing Red
2.Stormy Weather
3.Cashmere

B
1.Slenderella
2.Moonlight Becomes You
3.Roc & Troll

Curtis Fuller (tb) Sonny Red (as) Red Garland (p) Paul Chambers (b)
Louis Hayes (ds)

Rec-1957



昨日に続いて同デザインのニュー・ジャズ・レーベルのシリーズものを。

トロンボーンの名手、カーティス・フラー。名作『ブルース・エット』の前年に吹き込まれたアルバム。with「レッド・ガーランド」と冠されている通り、ガーランドのピアノとソニー・レッドを加えた二管クインテット編成での録音です。

ブログの掲載にあたり、改めて何度か聴いてみるが「渋いなぁ」というのが率直な印象。でもプラスでもマイナスでもない、どっちつかずで何か物足りない感じを受けるんです。正直言うと訴えかけてくるものが少なくあまり好みではない演奏です。音質がイマイチなのも影響しているのかもしれません。

この録音はフラーの初期の頃のレコーディングで初々しいですが本領は発揮できていないのではないかと思っています。当方の凡庸な耳での認識ですのでおこがましいことこの上ないのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/04/21(土) 00:04:12|
  2. Trombone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#159 Jewels of Thought/Pharoah Sanders (Impulse) | ホーム | #157 Evidence/Steve Lacy with Don Cherry (New Jazz)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/165-1e3c9b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。