イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#182 Jack DeJohnette Special Edition (ECM)

Jack DeJohnette


A
1.One for Eric
2.Zoot Suite

B
1.Central Park West
2.India
3.Journey to the Twin Planet

Jack DeJohnette (ds,p,melodica) David Murray (ts,b-cl)
Arthur Blythe (as) Peter Warren (b,cello)

Rec-1979



ディジョネットの奔放なドラミングとマレイの圧倒的カラーが迸るエキサイティングなジャズ。

のっけから独特の世界に囚われるスリリングな展開は濃密なエキスが凝縮した強壮剤の如き強烈な内容で心奪われます。A-1はデビット・マレイのバスクラとアーサー・ブライスのアルトの応酬はもちろん、テンポを変幻自在に変えながら暴れまわるディジョネットとピーター・ウォーレンの纏わりつく様な粘着ベースが堪らない。ドルフィーはこれをどう聴くのか興味が沸いてきます。A-2の耳に憑くテーマと個性的なアレンジに引き込まれ、B-1の美しいハーモニー、B-2の序盤から徐々に壊されていくメロディに興奮し、B-3の耳障りの悪い(?)展開に体が硬直します。

四人の奏でる一音一音が刺激的で相反することではありますが、コレを聴いていると計算し尽くされた自由さを感じます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/15(火) 00:00:16|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#183 Guitar/Sonny Sharrock (Enemy) | ホーム | #181 Jazz at Vespers/George Lewis and His Ragtime Band (Riverside)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/186-74b25d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。