イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#186 Destination Out!/Jackie McLean (Blue Note)

Jackie McLean


A
1.Love and Hate
2.Esoteric

B
1.Kahlil the Prophet
2.Riff Raff

Jackie McLean (as) Grachan Moncur III (tb) Bobby Hutcherson (vib)
Larry Ridley (b) Roy Haynes (ds)

Rec-1963



ピリピリした雰囲気が漂うアルバムですが、各々の確固たる個性が際立って重いサウンドながらも集中して聴ける作品です。所有盤の盤質がボロくモンカーの高音域が割れてしまって聴きづらく、ピリピリ度に輪をかけているのはご愛嬌ですが。このあたりの作品はジャズを聴き始めた頃はよく解らなくて馴染めずすぐ放り投げていたのですが、駄耳でもコナレてくるとピリッとしたこの感覚が堪らなくなる。

マクリーンは時代によって様々な表情を見せる奏者ですが、こういうひんやりとした雰囲気にもピッタリのアーティストとの認識を持っています。マクリーンの時折見せる嘶きはこのアルバムでも刺激的でシリアスな曲調に実にマッチしており、モンカーやハッチャーソン等の醸し出すカラーにピッタリです。

特にA-2のテンポに変化をつけた曲などは耳に憑く魔力を秘めておりこのアルバムの持つ切れの鋭い部分を端的に現したものだと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/19(土) 00:04:15|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#187 Soulero/The Eddie Higgins Trio (Atlantic) | ホーム | #185 The Opening/Mal Waldron (Futura)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/188-163f3dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。