イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#191 On the Spot!/Jaki Byard (Prestige)

Jaki Byard (3)


A
1.A-Toodle-oo,Toodle-oo
2.I Fall in Love too Easily
3.Olean Visit
4.Spanish Tinge

B
1.Alexander's Ragtime Band
2.On the Spot
3.GEB Piano Roll
4.Second Balcony Jump
5.P.C.Blues

A-1~A-3,Side-B

Jaki Byard (p,as→onlyA-1,B-4) Jimmy Owens (tp,fl-h,tambourine→onlyB-1)
Paul Chambers (b) Billy Higgins (ds)

A-4

Jaki Byard (p) George Tucker (b) Alan Dawson (ds)

Rec-1965,1967



昨日、一昨日のライブ・アルバムのこぼれ曲がこの作品の中に一曲だけ収録されています。あの風変わりな音色なのですぐ判ります。ほかにもこのライブの音源が散逸しているのかもしれませんが当方が把握しているのはここまでです。

このアルバムのメインとなる殆どの曲はライブから2年後のスタジオ録音で、パーソネルはジミー・オーウェンズのペットを配したカルテットが中心のアルバムとなっています。A-1ではバイヤードがピアノでなくアルトを吹いており、怪しい曲調は聴いていて微笑ましく思えます。A-2はピアノ・トリオ、A-3はペットがフィーチュアされたストレートながら叙情的なジャズです。A-4は上記で触れたライブ音源ですがピアノ・トリオで歓声も編集された状態で収録されています。様々なディスコにはファレルがクレジットされていますが、この演奏には参加していないようです。B-1はオーウェンズがペットをタンバリンに持ち替えたコミカルな作品、B-2のタイトル曲はこのアルバムでの一番の聴きモノでしょうか、スピード感溢れる切れの良いペットとピアノが堪能できます。B-3はバイアード節が炸裂するラグ調のソロ作品、B-4はバイアードはアルト担当で、〆のB-5はピアノ・トリオになっています。

当方には味わい深いバイアードですが、どちらかというと誉れ高い『Hi-Fly』(New Jazz)よりも、紹介した一連のライブのほうがエネルギッシュながらも枯れた雰囲気があって好みです。首が異常に太い後姿が印象的なジャケットの『Solo Piano』(Prestige)もいいですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/24(木) 00:02:16|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#192 Sing Me Softly of the Blues/The Art Farmer Quartet (Atlantic) | ホーム | #190 Live! Vol.2/The Jaki Byard Quartet (Prestige)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

私もジャキ バイアードが好きで中でもこの一連のライブ盤は彼の個性が良くあらわれているアルバムだと思います。
うろ覚えですが、確かジョー ファレルも自分の作品の中で特に気に入っているアルバムだと語っていたと思います。

On the Spot!のB-1曲での遊園地を思わせるジャキの楽想が気に入っています。このアルバムもあまり紹介されることが少ないですがいいアルバムですね。

ジャキも残念なことに鬼籍に入ってしまいましたが、これからも彼のようなラグタイムからフリーキー名演奏までこなしてしまうピアニストはなかなか現れないでしょうね。

  1. 2007/05/28(月) 03:45:10 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

ジャキいいですよね。おっしゃられるように彼の多岐に渡ったスタイルが私も好きで、好んで聴くピアニストです。ファレルが気に入っているのも頷けるくらいのノリで演奏者が楽しんでいるのがよく解る内容ですものね。

B-1の曲の際立ち方は確かにこのアルバム随一ですね。当方はモンクの楽しい部分にも通じるようなイメージを勝手に持っています。

確かに近年のピアニストは一定のスタイルに固まっている人が多いように思えます。一人で七変化を見せるジャキ・バイアードという人は、そういう意味でも貴重な存在だったと思います。
  1. 2007/05/28(月) 21:36:57 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/195-fa695996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。