イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#210 Solo/Jimmy Raney (Xanadu)

Jimmy Raney


A
1.The Fugue
2.New Signal
3.How Deep is the Ocean

B
1.The Way You Look Tonight
2.Wait Till You See Her
3.Smoke Gets in Your Eyes
4.Blues Variations

Jimmy Raney (g)

Rec-1976



以前、同じソロ・ギターの作品としてソニー・シャーロックを取り上げたけれど、同じソロでアルバムを作ってもここまで極端に違うとある意味痛快です。当たり前ですが、ミュージシャンのスタイルというのは千差万別であることが解ります。

タイトル通りジミー・レイニーのソロではありますが、オーバー・ダブを使用し変化を持たせた曲も数曲あって、シンプルなトーンの曲との対比が出来ます。明らかにダビングされた曲は奥行きが広がったように聴こえます。コレを聴いていると、そもそもジャズ・ギターのソロはこういう静かでクールなものだと改めて納得しますがシャーロックのようなギターと比較すると比類なき地味なものに聴こえて困ったものです。まあ、彼と比較すること自体誤っていると思うのですが・・・。



訃報:ジャズ評論家で詩人の清水俊彦氏が5月21日逝去されていました。氏は主にフリー・ジャズを中心に紹介したとのことですが、当時当方にはフリーのハードルが高かったので氏の論評に触れる機会は少なかったように思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/12(火) 00:06:11|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#211 Ryuhyo -Sailing Ice-/Motohiko Hino Quartet + 1(Three Blind Mice) | ホーム | #209 Between Us-Live at the Bimhuis/Bert van den Brink Trio (Challenge-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

まったくの個人的な思い入れなんですが、Xanaduといううレーベルが大好きです。ちなみにドン シュリッテンも大好きです。
ジミー レイニーという人は私の守備範囲の人ではないのですがそういった経緯でこのアルバムは所有しています。
彼も亡くなって随分経ちますが、ギターの端正さはキッチリと息子さんに受け継がれて幸せなことだと思います。

清水俊彦さんが亡くなられたとは知りませんでした。もっとも彼の著作は私にはかなり難解で、彼の本を最後まで読み終えたことがありません(笑)。

記事とは直接関係が有りませんがぬどいさんがCDの紹介を始められた事を喜んでいます。近年のアルバムの登場を楽しみにしています。
  1. 2007/06/13(水) 03:45:01 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

ザナドゥは70年代を代表する良いレーベルですね。そういえばSonnyさんがジャズ批評で「ジョー・ファレル」を取り上げておられたのを思い出しました。「地味・レイニー」などと揶揄されますがなかなかのテクニシャンだと当方は思っております。

//////////////////////////////////////////////////

清水氏の訃報に辺り色々思案したのですが氏の評論に接した経験値が当方は低すぎるので何もいえないのですがおっしゃられる通り難解で凡なる頭の小生には半分以下の理解しかなかったように思います。

//////////////////////////////////////////////////

そもそもこのブログを始めるに辺り、ネタが切れないだろうと思ったのがジャズでした。一番長く接している音楽がジャズであり、一番音源が揃っているのもジャズだったからです。実は最近までジャズから遠ざかっていたためその戒めも込めて所有の作品を一日一枚聴いて、なるべく自分の言葉でログを残してみようと試みました。当方のブランクの時期に発表し続けられていた近年のジャズを今、後追いですが追っかけています。今更ですが廃盤だらけでなかなか手に入りません(涙)。アナログのみに拘る必要もないし、現代のジャズの良さを知らずに古いもののみに執着する必要もありませんしね。今は近年のジャズを聴くのが楽しいですね。CDは新譜という意味合いでも絶対に外すことが出来ないメディアなのでこれからも取り上げていきますが恐らく十日に一枚ぐらいの割合になると思います。このようなショボイ代物を開陳し続けておりますがSonnyさんのコメントが継続の励みになっております。改めて感謝申し上げます。
  1. 2007/06/13(水) 20:52:51 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/196-c0130eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。