イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#19 Hip Cake Walk/Don Patterson with Booker Ervin (Prestige)

Don Patterson


A
1.Sister Ruth
2.Donald Duck
3.Rosetta

B
1.Hip Cake Walk
2.Under the Boardwalk

Don Patterson (org) Booker Ervin (ts) Billy James (ds)
Leonard Houston (as→onlyB-1)

Rec-1964



オルガンという楽器は、もう確実にコテコテな要素満載で、そこにブリブリサックスのブッカー・アーヴィンが双頭リーダーであればもう汗臭い、アーシーな匂いがプンプンする筈なのですが・・・。

A-1はブッカーの本領発揮の吹きまくりが炸裂し熱気ムンムンの演奏ですが、他の4曲はブルージーな一面を見せています。汗臭いファンク度の高いものと違って、どちらかというとそういう面は少ない演奏内容でしょうか。

コテコテものが聴きたいときには、ジャック・マクダフあたりのアルバムのほうがいいですね。

オルガンといえば御大ジミー・スミスの名前がすぐ浮かびますが、他にも渋い奏者がたくさんいるので、今後取り上げていこうと思っております。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/10(金) 00:05:00|
  2. Organ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#20 Imported from Europe/Stan Getz (Verve) | ホーム | #18 Blue Train-1963/John Coltrane (Historic Performances Records)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/20-357a6d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。