イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#207 Fancy Free/Donald Byrd (Blue Note)

Donald Byrd


A
1.Fancy Free
2.I Love the Girl

B
1.The Uptowner
2.Weasil

A-1,B-1

Donald Byrd (tp) Julian Priester (tb) Frank Foster (ts) Jerry Dodgion (fl)
Duke Pearson (el-p) Roland Wilson (b) jimmy Ponder (g)
Leo Morris (ds) Nat Bettis (perc) John Robinson (perc)

A-2,B-2

Donald Byrd (tp) Julian Priester (tb) Frank Foster (ts) Lew Tabackin (fl)
Duke Pearson (el-p) Roland Wilson (b) jimmy Ponder (g)
Joe Chambers (ds) Nat Bettis (perc) John Robinson (perc)

Rec-1969



ブログも200枚を超えたので、以前取り上げたアーティストも重複させてアップしていきます。前回のドナルド・バードはコレを前に取り上げましたが、全く違う一面という意味でもこの作品にします。

タイトル曲のクォリティの高さは一聴すればすぐ判るはず。コレをフュージョン云々とカテゴライズするよりも優れた音楽として聴きたい。スケールがでかくジェリー・ドジオンのフルートが効果的なA-1、続くA-2はピアソンの美しいエレピが印象的なナンバー。B-1はホーン・セクションが前面に出た作品、B-2は実にブルージーな楽曲で渋く〆ます。

それともうひとつ、ピアソンのプロデュースの腕も当方にとっては目からウロコで、この作品によってその才能に開眼したようなものです。エレピを据えるとサウンドが分厚くなり、難解なことを全て廃した4曲はフリー・ジャズと対極のこの時代の象徴的な音で格好良さは抜群です。アコースティックでなければジャズではないという御仁には無視される作品だろうと思います。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/09(土) 00:05:28|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#208 Canada : Le Quatuor de Jazz Libre du Quebec (Radio Canada International) | ホーム | #206 Facing the Sun/Jacob Christoffersen Trio (Stunt-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/203-c469e8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。