イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#200 The Fred Astaire Story (Verve)

Fred Astaire


A
1.Isn't this a Lovely Day
2.Puttin' on the Ritz
3.I Used to be Color Blind
4.The Continental
5.Let's Call the Whole Thing Off
6.Change Partners

B
1.S' Wonderful
2.Lovely to Look at
3.They All Laughed
4.Cheek to Cheek
5.Stteppin' Out With My Baby
6.The Way You Look Tonight
7.I've Got My Eyes on You

C
1.Dancing in the Dark
2.The Carioca
3.Nice Work if You Can Get it
4.New Sun in the Sky
5.I Won't Dance
6.(Ad Lib) Fast Dances
7.Top Hat, White Tie and Tails

D
1.No Strings
2.I Concentrate on You
3.I'm Putting All My Eggs in One Basket
4.(This is) A Fine Romance
5.Night and Day
6.Fascinating Rhythm
7.I Love Louisa
8.(Ad Lib) Slow Dances
9.(Ad Lib) Medium Dances

E
1.They Can't Take That Away from Me
2.You're Easy to Dance With
3.A Needle in the Haystack
4.So Near and Yet so Far
5.A Foggy Day
6.Oh, Lady be Good
7.I'm Building Up to an Awful Let Down
8.Not My Girl

F
1.Jam Session for a Dancer
2.The Astaire Blues
3.The Second Astaire Blues

Fred Astaire (vo,tap) Charlie Shavers (tp) Frip Phillips (ts)
Oscer Peterson (p,celesta) Berney Kessel (g) Ray Brown (b)
Alvin Stoller (ds)

Rec-1951,1952



マーキュリーやクレフ等のレーベルにあった音源をまとめてワンパック、40曲の箱入り仕様で日本盤で登場した有難い作品。当初コレはいわゆるサントラ盤宜しく、アステアがオーケストラやストリングスをバックにスケールのでかいヴォーカルを披露したものと勝手な先入観で購入したのですが、蓋を開ければ全てが上記のコンボをバックに従えたものでちょっとビックリしたものでした。バックには大好きなチャーリー・シェイヴァース等の中間派の美味しいところがサポートしているのを知って小躍りしたものです。小生は予備知識ナシによく手を出すので、嬉しい誤算も多々あるのですが失敗もしょっちゅうです。コレはアタリです。

針を落とした瞬間に御馴染みの声が聴こえて嬉しくなります。どちらかといえばシットリと歌い上げる印象の曲が多くバックの演奏とともに大変充実しています。曲によってはタップまで聴かせてくれるので映画の情景が浮かぶようです。

フレッド・アステアに限らずですが、ミュージカル・ムービーの好きな方は是非とも聴いて頂きたい。また何度も云いますがコンボですのでジャズ好きなヴォーカル・ファンにもオススメです。ヴァーヴの箱物はJATPと相場が決まっておるようですが、ぜひともコレを無視しないで頂きたいと思っています。



余談:単なる自己満足でこんなことをやってみようと思い立ち、恐らく3日坊主で止めるだろうと自分自身でタカをくくっていたが余程の暇人なのか完全に日課となり200枚まで来ました。以後もスタンスを特別変えずにダラダラやって参りますのでお付き合い頂ける方、今後ともどうぞ宜しく。折角なのでキリのいいところにはちょっと変わったものをアップしておこうと思いコレを紹介致しました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/02(土) 00:30:32|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#201 Portfolio of Ahmad Jamal (Argo) | ホーム | #199 Live! at the Jazz Workshop/The Brother Jack McDuff Quartet (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/206-c11cffaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。