イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#201 Portfolio of Ahmad Jamal (Argo)

Ahmad Jamal


A
1.This Can't be Love
2.Autumn Leaves
3.Ahmad's Blues

B
1.Ole Devil Moon
2.Seleritus
3.It Could Happen to You
4.Ivy
5.Tater Pie

C
1.Let's Fall in Love
2.Aki & Ukthay (Brother & Sister)
3.You Don't Know What Love is
4.I Didn't Know What Time it Was

D
1.So Beats My Heart for You
2.Gal iin Calico
3.Our Delight

Ahmad Jamal (p) Israel Crosby (b) Vernell Fournier (ds)

Rec-1958



アーマッド・ジャマルのコレはワシントンでの2枚組みライブ盤。アーゴには他に『But Not for Me-Armad Jamal at the Pershing』(Argo LP628)というライブ盤があり実はそちらのほうが好みです。このポートフォリオもなかなかですが正直云うとジャマルのピアノには当方が感じ取る「刺激」という「スパイス」が少なくて2枚組みという長めの作品は間を持て余す部分がありますのでシンプルにLP一枚分ぐらいが丁度良いようです。

とは云え、ジャマルの高音域を徹底的に使用するスタイルが気に入っていて耳心地の良いサウンドは彼の個性の一端と云えるでしょう。他に必ず特筆されているのが決して弾きまくらない間の取り方。その説明通りリズム隊が普段以上に頑張っているように聴こえるのが面白いです。音数が少ないことに対する不安感を感じさせない、計算された絶妙なタイミングには感心させられます。マイルスのお気に入りだったのは有名な話ですね。

ストリングス入りのアルバム『Jamal at the Penthouse』(Argo LP646)等、様々なスタイルの作品が大量にアーゴには残っていて、他にはインパルスやエピック等にも録音があります。殆どがピアノ・トリオでインパルス時代にはフェンダー・ローズなどのエレピも使用しています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/03(日) 00:03:56|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#202 Basses Loaded!/Milt Hinton-Wendell Marshall-Bull Ruther (RCA Victor) | ホーム | #200 The Fred Astaire Story (Verve)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/207-4cbce4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。