イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#204 Patterns of Jazz/Cecil Payne (Savoy)

Cecil Payne


A
1.This Time the Dreams on Me
2.How Deep is the Ocean
3.Chessman's Delight
4.Arnetta

B
1.Saucer Eyes
2.Man of Moods
3.Bringing Up Father
4.Groovin' High

Side-A

Cecil Payne (bs) Kenny Dorham (tp) Duke Jordan (p) Tommy Potter (b)
Arthur Taylor (ds)

Side-B

Cecil Payne (bs) Duke Jordan (p) Tommy Potter (b) Arthur Taylor (ds)

Rec-1956



A面はケニー・ドーハムを加えたクインテット編成、B面はペットの抜けたカルテット編成のセシル・ペインのSignal原盤の作品。

当方は楽器が出来ないので何の説得力もありませんが、サックスの中でもバリトンは抱えることは無論、特に吹くのに力が要るような印象を持っており滑らかに音を出すのは困難な感じを受けるのですが、セシル・ペインのバリトンはマリガンほどではないにしろ比較的ソフトで軽く優しい音色で、ドーハムの尖がっていない流暢なペットに良くマッチしてマイルドな寛げるジャズを展開しています。単に楽器本来の音や使用しているリード、肺活量が大きな要因なのかもしれませんが、無知故にかなり恥ずかしいことを云っているような気がします。気に入っているのはA-1,A-4,B-4辺りです。

裏ジャケのクレジットとパーソネルの表記がおかしいことに気づきディスコで調べてみたら上記に記入したようにA面がクインテット、B面がカルテットで当方が所持しているレコードは逆になっていました。コレは米盤の再発ですが輸入盤(特に米盤)は仕事がいい加減で誤った表記を多々発見します。レーベルのラベルが逆に貼ってあったりライナーが逆さだったり、プレスミスがあったり、滅多にないこととはいえ一度新品のプレスで中身が違っていたりと呆気にとられることもしばしばです。(中古は気をつけないと中身違いはたまーにありますね。)ってな文句を垂れてみました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/06(水) 00:08:34|
  2. Soprano Sax, Baritone Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#205 Together Again!/Willis Jackson with Jack McDufff (Prestige) | ホーム | #203 Schoolconcert/Pim Jacobs (CBS)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

私の持っているレコードも同じくサヴォイの再発盤ですが、やっぱりA面とB面が入れ替わっています。
米盤は本当にいいかげんなものがあって、レーベルの記載とジャケットは一致しているのに肝心の録音内容が違っていることもあったりします。
今は無いジャズ喫茶でそれと知らずにコルトレーンとローランド カークを間違えてかけていたのを見かけたこともあります。
アトランティックだけでなくプレスティッジなんかもなかみがちがっていたりするのがありますねぇ。
まぁ話しの種にはなってご愛嬌ってとこですか。
  1. 2007/06/06(水) 01:51:40 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

どうやらSonnyさんのレコードも同時期のプレスのようですね。

当方は大雑把な人間で、中身違いのようなことでなければあまり気にしないのですが、こういったブログを始めたことによりジャズを聴く頻度はもちろんですが細かな部分を良く見るようになってから、米盤には閉口するような間違いが結構見られることが解りました。

>>それと知らずにコルトレーンとローランド カークを間違えてかけていたのを見かけたこともあります。

コレは厳しいですね。私も無頓着に聴き流しているものなどはヘンな思い込みで誤って理解しているかもしれないので以後気をつけて確認してみます(笑)。

中古などは検盤で中身違いは防げますが、オークションや新品などでは厄介なことですよねぇ。データ違いはまあしょうがないでしょうね、日本だとひどいものは回収するかもしれませんね。
  1. 2007/06/06(水) 21:04:31 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/211-6ca0844f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。