イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#206 Facing the Sun/Jacob Christoffersen Trio (Stunt-CD)

Enrico Pieranunzi


1.Facing the Sun
2.Everything I Love
3.Fenster and McManus
4.Remembering
5.On the Horizon
6.Sing Song
7.Apology
8.Homecoming
9.All of You
10.Transformation Game

Jacob Christoffersen (p) Jesper Bodilsen (b) Jonas Johansen (ds)

Rec-2005



今までは手元にあった「レコード」ばかりを取り上げていましたが、其れに執着する場合必然的に80年代後半から現在までのジャズの殆どを無視することになるので、少しずつではありますがこれからは所有のCDも時々混ぜていこうと思っています。

今宵の初銀盤はデンマークのヤコブ・クリストファーセンのピアノ・トリオを。評判が良いのを知っていたので後追いで購入し聴いてみたのですがかなり好きなタイプのピアニストでした。デンマークのレーベルStuntは他にも興味深いラインナップが並んでいるので今更ではありますが徐々に聴いてみようと思っています。でも最近は新譜もすぐ廃盤になりますねぇ。

大雑把な印象ですが、1,3,5,7,9,10は比較的リズミックなものを2,4,6,8にはシットリしたものを持ってきており曲の起伏を交互に配置した流れになっています。リズムの切れもメチャクチャ格好よくこのトリオのバランスの良さが如実に表れた瑞々しい音です。10曲中8曲が彼のオリジナルだとか。特に気に入っているのは2,3,5,6です。

このCDは三ッ折紙ジャケですが、デジパックやこういった特殊な作りはあまり好きではなく、特にコレは出し入れに難儀します。当方はフツ~にプラケース仕様がいいです。まあプラケースからジャケを引っ張り出すのも面倒ですが・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/08(金) 00:08:47|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#207 Fancy Free/Donald Byrd (Blue Note) | ホーム | #205 Together Again!/Willis Jackson with Jack McDufff (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/213-6fb38cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。