イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#214 Elvin Jones Live at the Lighthouse (Blue Note)

Elvin Jones (BN-LA)


A
Introduction : Bill Chappell Announcer : Rick Holmes
1.Fancy Free

B
1.Sambra
2.The Children, Save the Children

C
Happy Birthday Greeting
1.Sweet Mama

D
1.New Breed
2.My Ship (From the Broadway Musical "Lady in the Dark")

Elvin Jones (ds) Gene Parla (b) David Liebman (ss,ts,fl)
Steve Grosssman (ts,ss)

Rec-1972



連日のブルー・ノートのアップですが、年代を近年に引き戻すとBNから見える一面もかなり変化してきます。70年代のBNの中でも格別に好きな一枚。BN-LAにはこれ以外にもうひとつのライトハウスがあって、それは云わずと知れたグラント・グリーンの強烈なファンク・ライヴで、エルヴィン共々大好きな作品となっています。

そもそもドラマーに圧倒的存在感を求める小生にはエルヴィンという人はうってつけで豪快なドラミングを聴くたびに額に汗が流れます。以前紹介したこのアルバムもエルヴィンの黒さが際立っていてジャケットの紫煙とともに彼らの熱気で体から湯気が陽炎のように出ているようなサマが記録されていました。

このレコードの一発目に以前紹介したドナルド・バードの『Fancy Free』を持ってきていて、リーブマンのソプラノとグロスマンのテナーがこの曲の素晴らしさを証明しています。B面の2曲でも大変濃い一撃を食らわされ、特にB-1のエルヴィンのドラム・ソロの大迫力には絶句します。凄すぎる。C面の最初にはエルヴィンへのハッピー・バースデイがオーディエンスとともに歌われて会場の寛いだ雰囲気が感じられます。調べてみるとこの収録は1972年の9月9日で、1927年9月9日生まれのエルヴィンの45歳の誕生日ということがわかります。ジーン・パーラのベース・ソロから始まるC-1はメチャクチャ格好良い。体が揺れます。D-1は硬派でハードな作品を、エンディングのD-2は大好きな一曲で、ここでのリーブマンのフルートは極上品です。このライブでの四人の放つサウンドは全てが強烈で図太いジャズ好きには堪えられません。

ところで、小生の所持しているBN-LA盤はUAラベルなのですが、A面の裏にD面、B面の裏にC面がプレスされており、レーベルの貼り間違いではなく溝もそのように切ってあります。これが標準仕様なのでしょうか?んなわけない、と思うのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/16(土) 00:36:03|
  2. Drums
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<#215 Force/Max Roach - Archie Shepp , Sweet Mao - Suid Afrika 76 (Uniteledis) | ホーム | #213 Davis Cup/Walter Davis Jr. (Blue Note)>>

コメント

どうも初めまして。
Sonnyさんのところからやってきまして、ちょっと前からちょくちょくお邪魔させてもらってました。
楽しく拝見しておりましたが、何しろ知らない作品ばかりでして。(笑)

このアルバムは、友人に教えてもらって探しているのですが、CDも廃盤で高値が付いてるようですし、残念ながら未だ聴いたことがありません。
ぬどいさんの文章を読んで、ますます聴きたくなりました!
  1. 2007/06/16(土) 01:38:25 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

ぬどいさん、こんばんは。

おっ「水族館のエルヴィン」が登場。熱狂のライブ盤でなおかつキッチリとした構成の名盤ですね。私も熱いジャズが聴きたいときには取り出します。ハードコアなジャズ好きには必聴盤ですな(ここはpiouhgdさんへの煽りということで)。

この時期に一緒にフロントをつとめていたリーブマンがグロスマンの強力なテナーを聴いて以来長い間ソプラノに専念したと言うのは本当でしょうかね。


>A面の裏にD面、B面の裏にC面がプレスされており、レーベルの貼り間違いではなく溝もそのように切ってあります。これが標準仕様なのでしょうか?

二枚組みのアルバムはA面の裏にB面をプレスしないのが鉄則でした。これはオートチェンジャーのプレーヤーを使用するときにレコードのセッティング回数を少なくする為のものでした。
したがってA面のうらにC面、B面の裏にD面という2枚組のアルバム構成も存在します。
オートチェンジャーが余り普及しなかった日本では不要な配慮ともいえますね。もちろんCDになった現在ではこんな事は理解しにくいことでしょうなぁ。



  1. 2007/06/16(土) 04:19:48 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんにちは。初めまして。

コレ凄いですよ~。と私まで煽ってしまいました(笑)。硬派なガツン系ジャズがお好みでしたら何とか入手して聴いて戴きたいですね。でもBNの復刻頻度は高いので時期的にもそろそろ出るかもしれないですね。

この作品は2度ほどCDで復刻されているようですが、中古ですと2000年にリリースされたものが一番見つけやすいかもしれませんね。当方はこのレコードに入っていない曲を収録している1990年に発表された『Elvin Jones Live at the Lighthouse Vol.2』というCDがあることに気づきコレがかな~り気になってしまいました。

piouhgdさんがおっしゃられる通り、偏ったラインナップなのでコメントし辛いかもしれませんが今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2007/06/16(土) 15:36:18 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんにちは。

Sonnyさんもお好きでしたか。このエルヴィンはBNの中でも個人的にベストでこの燃える演奏を浴びると、私自身が何度も炎上させられます(笑)。

リーブマンの逸話は興味深いですね。この時期のグロスマンの個の際立ちは格段ですが、リーブマン自身のテナーを客観的に見ても素晴らしいのですがね。そこにはミュージシャン特有の細やかな感性があるのでしょうか。

プレスの件は目からウロコでした。なるほど、そういうことだったのですか。ジャズではありませんが手元にあるピーター・フランプトンの『Frampton Comes Alive!』(A&M)が全く同じ仕様だったのでどーなのよ?と思っていました。「雑な仕事」で片付けるようなことではなかったのですね。先入観はイカンですね、イヤ~勉強致しました。

P.S.アンドリュー・ヒルのソロ、入荷との情報が。しかし同時発注をかけていたInge Brandenburgが遅れているので落手するのは一ヵ月後になりそうです。
  1. 2007/06/16(土) 16:13:40 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
この度の再発により、やっと聴くことができました。
意味不明なジャケットも含め(笑)、妙なパワーのある作品ですね。

コメントを読み返してみると、ぬどいさんと初めて繋がったのがここだったようですね。
そんなことも併せて、嬉しい限りです。
  1. 2009/06/14(日) 18:32:57 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。ご無沙汰しておりました。コメント&TB有難うございました。

やっとリリースされましたね!しかもこのセッションの全ての音源で。当方の所有しているアナログは上記の数曲のみなんですよねぇ。以前のコメントでも触れた『Vol.2』も、今回のCD化で一緒にパッケージされているので、未だ聴けていない当方にとってはとても気になっています。しかも限定盤ですしねぇ・・・。どうしましょう(笑)?

>ぬどいさんと初めて繋がったのがここだったようですね。

そうでしたね!ほぼ2年前ですか。最近弛んだ更新頻度で情けない状況ですが、ジャズへの関心はさらに加速度が増している状態です(笑)。ブログに関しては今までのように正常運転が可能かどうかを模索中です。でも止めることはありませんので今後ともお付き合い下されば幸いです(笑)。
  1. 2009/06/14(日) 18:54:54 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/218-cd921b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっと聴けた訳です

Elvin Jones Live At The Lighthouse ここ数ヶ月、CDはできるだけ買い控えていて、これは!と思うものだけ選んで手に入れているというのは前にもど...
  1. 2009/06/14(日) 18:28:53 |
  2. call it anything

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。