イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#222 Somewhere Before/Keith Jarrett Trio (Vortex)

Keith Jarrett


A
1.My Back Pages
2.Pretty Ballad
3.Moving Soon
4.Somewhere Before

B
1.New Rag
2.A Moment for Tears
3.Pouts' Over (and the Day's not Through)
4.Dedicated to You
5.Old Rag

Keith Jarrett (p) Charlie Haden (b) Paul Motian (ds)

Rec-1968



こういった超有名盤を取り上げることは実に難しい。敢えて挑んでみるけれど私感なのでご容赦を。

キースの名を轟かすに余りある一撃がA-1に収められています。このディランのナンバーにハンズ・アップする輩多数ですが、反面高い確立でこの一曲のみのレコードになっている人も多い作品のようです。で、当方はどうかと云えば案外全てを楽しんでいます。何せヴァラエティに富んだ9曲が並んでいるので単調に陥らず、メリハリの効き具合も丁度良いと思うのです。

もちろんA-1を最初に聴いた時はこの表現方法に参った訳ですが、本能であるラグ好きの血を騒がせるB-1とB-5が売れ筋の商品に隠れるように陳列されていたのを喜んだものです。かなり斬新な解釈のB-1とリズムのバタつきに逆に煽られるB-5は当方のキース・ジャレットに対する認識の奥行きを広げるのに充分なものでした。聴かせるロマンティックな楽曲からフリーまで、その多彩な発想に若さ溢れる才気を感じます。

キース印の特許、「アァー!」も少なく、ECMのスタンダーズあたりの絶叫が許せない人にも比較的優しく響くのではないでしょうか。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/24(日) 00:48:23|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#223 Romanian Impressions/Guido Manusardi Quartet (Amigo) | ホーム | #221 The Dutch Swing College at the "Sport Palast" Berlin/The Dutch Swing Collage Band (Philips)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/226-ea9caac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。