イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#225 Xenophonia/Bojan Z (Label Bleu-CD)

Bojan Z


1.Ulaz
2.Zeven
3.Wheels
4.Biggus D
5.Ashes to Ashes
6.Pendant ce Temps, chez le General...
7.Xenos Blues
8.The Mohican and the Great Spirit
9.CD-Rom
10.Izlaz

Bojan Zulfikarpasic (p,el-p,xenophone) Remi Vignolo (b)
Ben Perowski (ds→only1,5,6,7,9) Ari Hoenig (ds→only2,3,4,8,10)
Krassen Lutzkanov (kaval→only1,9)

Rec-2005



ちょっとコレにヤラれている。あまりにも荘厳、あまりにもシリアス、ちょっと病みつきになっています。

生ピアノの比重が半分程度で且つバルカン地方のルーツが音に反映されているため、ジャズ的な要素は聴く人によっては少ないのかもしれませんが、これは強烈なジャズであると当方は断言したい。見事にジャズと融合しています。

Bojan Zこと、Bojan Zulfikarpasic(ボヤン・ズルフィカルパシチ)はセルビアのベオグラード生まれ。アルバムは結構リリースされていますが当方はこの作品が初体験。ピリッピリした緊張感のある曲調、ブルンブルンと唸るベース、迫力あるドラム、全て満足しています。

興奮度は2,4,6,9が凄い。なんとも硬質でラッシュを仕掛けてくる感じ。ピアノはパーカッシブで非常に重厚なサウンド、リズムは上記の通り刺激的でグレードの高いモノとなっています。好いですコレ。呆気にとられて空いた口が塞がらなくなってしまった・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/27(水) 00:09:47|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#226 Soul Searching/Shirley Scott (Prestige) | ホーム | #224 Scenery/Ryo Hukui (Nadja)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/229-9ab315ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。