イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#234 My One and Only Love/Franco D'Andrea (Red)

Franco D’Andrea


A
1.Nord & Sud
2.Slalom Speciale

B
1.Quiet Children
2.My One and Only Love

Franco D'Andrea (p) Mark Helias (b) Barry Altschul (ds)

Rec-1983



フランコ・ダンドレアはイタリアのピアニスト。キャリアも長く多作家でこのアルバムも聴かせてくれます。

彼の初リーダー作は1970年の『Modern Art Trio』(Vedette)で気合の入ったプレイを聴かせますが、その後70年代中盤にプログレ・バンド「ペリゲオ」に約5年間在籍と変わった経歴があります。後にジャズのアルバムを精力的に発表、このアルバムのレーベルRedにも複数の作品を残しています。

タイトル曲B-2以外の3曲はダンドレアのオリジナルで、A-1はダイナミックさと繊細さを併せ持つカッコいい曲、A-2はテンポがめまぐるしく変わる強烈なインパクトのシリアスなナンバー、B-1はスローでエモーショナルな演奏、B-2は15分弱の大作で原曲に忠実にプレイしていたかと思えば徐々に高揚感溢れる演奏に変貌するエネルギッシュな展開です。ベース&ドラム・ソロも堪能できます。

なんと今月末、ダンドレアの旧譜が『Live In Perugia』を含めイタリア盤のCDで3枚再発されるようです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/06(金) 00:25:53|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#235 Jazz Laboratory Series Vol.1/Duke Jordan (Signal) | ホーム | #233 Out of Nowhere/Sonny Criss (Muse)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/238-695f5dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。