イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#23 The Clarinet Artistry of John LaPorta (Fantasy)

John LaPorta


A
1.Brahms : Sonata in F Minor for Clarinet and Piano, Opus 120 Number 1

John LaPorta (cl) Zita Carno (p)

B
1.Darn That Dream
2.Wrap Your Troubles in Dreams
3.Dirge for Dorsey
4.Between the Devil and the Deep Blue Sea

John LaPorta (cl) Jack Keller (p) Clem De Rosa (ds)

Rec-1956,1957



なんとA面がクラシック、B面がジャズという珍しいレコード。小生はクラシックには門外漢なので、何のコメントも出来ないですが気分を変えるときにはたまにA面もかけることがあります。

で、のせるのはもっぱらB面ですが、なんというかクラリネットというのはインテリの雰囲気があって、聴いててなんとも心地よいものです。洗練されていない駄耳ストが何を言っても説得力は無いですが、たまーにこの手のものが欲しくなってしまいます。

肝心のジャズのほうは、トリオということもあって静かで落ち着いた、やっぱり知的な感じの演奏になっております。同じクラリネットでもバディ・デフランコ等とは、ハタケの違いを一層感じます。

ファンタジーは、いわゆる赤盤や青盤が発売されているちょっと嬉しいレーベルです。

John LaPorta (2)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/14(火) 00:00:19|
  2. Flute, Clarinet, Tuba, Violin, etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#24 Buggies, Bustles and Barrelhouse/Del Wood (RCA) | ホーム | #22 Hip !/Roland Kirk (Fontana)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/24-5fe56acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。