イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#243 Jazz Jamboree/Jancy Korossy in Poland (Muza Norma-CD)

Jancy Korossy


1.All the Things You are
2.Gypsy in My Soul
3.Suita Souvenir
4.Garay Mood
5.Trallalla
6.Wodka Blues
7.Ippidippida
8.Sputnik

Jansy Korossy (p) Roman Dylag (b) Adam Jedrzejowski (ds)
Bernt Rosengren (ts→only5~8)

Rec-1961



ヤンシー・キョロシーを知ったのは随分前、20年程前位かも知れない。

ヤンシーを知る入り口になるアルバムといえば十中八九『Identification』(MPS)で当方もご多分に漏れずこの作品でした。そして長いこと巡り合うことを期待していました。昔のレコ屋探りではついぞ見ず、ネットの時代になってそこここで見かけるも既に垂涎盤となっていて3万以上の値が付く始末。しかしながら数年前からCDで復刻され聴ければいい人間としては狂喜しました。そして期待に違わぬ内容にとても満足したものです。『Identification』を皮切りに復刻ラッシュが続き、今日取り上げるこんなものまで4年前に再発されました。

この作品は10インチの『Jazz Jamboree 1961, Vol.5』(Muza) に+2という内容で、彼のセカンド・アルバムという位置づけです。10インチのジャケットを同デザインながらも若干変更した作りにしてNormaから発売されています。そしてタイトルからも想像できる通りライブ・アルバムです。

ヤンシーのピアノは、まず音が煌びやかであり物凄く華のあるサウンドだと思っています。とにかく美しい。豪快さと繊細さを併せ持った稀有なスタイリストと感じます。まず1曲目のソロの眩さに絶句します。2~4のピアノ・トリオの切れの良さ、5~8のベント・ローゼングレンのハードな吹きっぷり。堪らんです。是非御一聴を。

ところでヤンシーの表記が様々あって解りにくく検索が大変です。まあ理由はわかるのですが・・・。このアルバムはJansyですがYansyもあればIansiもある。ややこしい。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/15(日) 02:08:45|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#244 Cedar!/The Cedar Walton Trio, Quartet, Quintet (Prestige) | ホーム | #242 It's Uptown/The George Benson Quartet (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/247-691d213f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。