イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#244 Cedar!/The Cedar Walton Trio, Quartet, Quintet (Prestige)

Cedar Walton


A
1.Turquoise Twice
2.Twilight Waltz
3.My Ship

B
1.Short Stuff
2.Head and Shoulders
3.Come Sunday

Cedar Walton (p) Kenny Dorham (tp→onlyA-1,A-2,B-1,B-2,B-3)
Jonior Cook (ts→onlyA-1,B-2,B-3) Leroy Vinnegar (b)
Billy Higgins (ds)

Rec-1967



シダー・ウォルトンが好きです。特にこのアルバムはお気に入りです。A-1の存在が肩入れする要因です。もっと言うとA-1のドーハムがクールでカッコ良いです。B-1のドーハムのプレイもチャーミングです。シダー・ウォルトンとともにケニー・ドーハムが効いている渋い作品です。対するテナーのジュニア・クックは当方の印象は申し訳ないですが薄いです。

タイトルで判る通り、A-3のみピアノ・トリオで、ドーハムのペットを加えたA-2,B-1がカルテット、さらにテナーを加えたクインテットの編成で残りの曲が吹き込まれています。シダーの感情のこもったピアノが全編で満喫できます。メロディのバッキングで聴かれるコードが力強く、なんともノリの良いピアノを弾きます。

多作家のシダーは70年代に気合の入った作品をたくさん残していますが、もちろん近年も精力的に活躍、何度も来日しているようです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/16(月) 02:06:56|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#245 Chet Baker & Strings (Columbia) | ホーム | #243 Jazz Jamboree/Jancy Korossy in Poland (Muza Norma-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

シダー ウォルトンという人は50年代から活躍していたのにもかかわらずこのアルバムまでリーダー作を作らなかったんですね。
ちょうど彼のピアノの個性やコンポーザーとしての実力も確立されたのがこのころのように思います。そういう意味でちょうど機は熟していたわけで、シダーという人の理知的で堅実な性格をうかがい知ることが出来る気がします。
このアルバムもデザイン、プロデュースともシュリッテンの手になるものですね。お察しのとおり私もこのアルバムが大好きです(笑)。
ぬどいさんのおっしゃるとおりドーハムのペットも魅力的だと思います。たしかシダーの初録音もドーハム名義のものだったのではないでしょうか。
ミューズではシダーの録音があるのにザナドゥにはないのは少し残念です。ただ近年はハイノートに作品が有るのでミューズの線はつながっているのかなって思っています。
  1. 2007/07/17(火) 02:45:57 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

いつもコメント有難うございます。

ミュージシャンによって様々であろうと前置きしてしまいますが、活躍をしていながらもリーダー作の発表が遅い、あるいは少ない方は、制作サイドの問題なのかそれとも本人の意思がそうさせるのか興味があります。

ジム・ホールも初期の頃の作品はリーダー作にブランクがかなりあったなぁとSonnyさんのご指摘を受けて思い出しました。

ミューズのシダーの作品はクリフ・ジョーダンの入っている『A Night at Boomers Vol.1』が手元にあります。ブルーのジャケットの『Vol.2』はまだ入手していません。近年はハイ・ノートやヴィーナスから結構リリースされていますね。ところでハイ・ノート&サヴァントはSonnyさんのご推薦で注意深く見ているのですが、レーベルのカタログ・サイトが見つけられず、Disc Unionのサイトでレーベル検索でチェックしています。何か良い資料、サイトはございますでしょうか?宜しければお知らせ下されば幸いです。
  1. 2007/07/17(火) 21:37:39 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

こんばんは。

ハイノート サヴァントの各レーベルはフェドラとともにjazzdepotと言う配給会社の配下レーベルと言うことになっています。
下記のurlを訪ねて見てください。
ただ他のアメリカのレーベルもそうですが新譜に関する更新が一般小売店より遅れたりするのがご愛嬌ですが(笑)。

http://www.jazzdepot.com/
  1. 2007/07/17(火) 22:57:23 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

早々にご案内頂き感謝申し上げます。予備知識を全く持っていない人間には的確にご指摘頂けると本当に助かります。早速チェックしてみます。

ご回答を賜り有難うございました。
  1. 2007/07/18(水) 00:11:28 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/248-d196ee3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。