イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#24 Buggies, Bustles and Barrelhouse/Del Wood (RCA)

Del Wood


A
1.The World is Waiting for the Sunrise
2.Ballin' the Jack
3.Meet Me Tonight in Dreamland
4.In the Shade of the Old Apple Tree
5.When I Lost You
6.It's a Long, Long Wat to Tipperary

B
1.Peg o' My Heart
2.Put on Your New Grey Bonnet
3.Roses of Picardy
4.New Maple Leaf Rag
5.Row, Row, Row
6.Nola

Del Wood (p) Grady Martin (banjo) Chet Atkins (banjo)
Hank Garland (g) Otto Bach (ds) Floyd Chance (tp) Homer Randolph (ts)

Rec-1960



ラグタイム・ピアノがとても好きで、大御所スコット・ジョプリンを始めとしていろいろ探してきました。で、この女流ピアニスト、デル・ウッドはとてもチャーミングなプレイで一気にお気に入りとなりました。

デル・ウッドはRCAに、わりと多くアルバムを残していて是非復刻して欲しいのですが、まあ需要がなさそうなので無理でしょうね。なので多作家なのにもかかわらず、なかなか他のアルバムが見つかりません。

大好きな名曲、A-1(邦題:世界は日の出を待っている)が演奏されているのも嬉しいですね。彼女は高いキーを主に使用して演奏するので、おもちゃのピアノのような可愛い音色が特徴です。

サイドには、ジャズ・ギタリストではないですが、グラディ・マーティン&チェット・アトキンスという、ギター・ファンには馴染みのギタリストが、なんとバンジョーで参加しています。

ラグタイム特有の、とても楽しい内容なので、興味のある方是非どうぞ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/15(水) 00:06:06|
  2. Dixie, Swing, Trad, New Orleans
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#25 Some Hot, Some Sweet, Some Wild/Red Mitchell (Bethlehem) | ホーム | #23 The Clarinet Artistry of John LaPorta (Fantasy)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/25-377b2979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。