イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#251 Jazz Abstractions/John Lewis Presents Contemporary Music (Atlantic)

Jazz Abstractions J.Lewis


A
1.Abstraction
2.Piece for Guitar & Strings
3.Variants on a Theme of John Lewis (Django)
a) Variant 1, b) Variant 2, c) Variant 3

B
1.Variants on a Theme of Thelonious Monk (Criss-Cross)
a) Variant 1, b) Variant 2, c) Variant 3, d) Variant 4

A-1,A-2

Ornette Coleman (as→onlyA-1) Charles Libove (vin) Roland Vamos (vin)
Harry Zaratzian (viola) Alfred Brown (viola→onlyA-2)
Joseph Tekula (cello) Jim Hall (g) Scott LaFaro (b)
Alvin Brehm (b→onlyA-1) Sticks Evans (ds→onlyA-1)
Gunther Schuller (comp,arr,cond)

A-3,B-1

Robert DiDomenica (fl) Eric Dolphy (fl→onlyA-3,as,b-cl,fl→onlyB-1)
Ornette Coleman (as→onlyB-1) Charles Libove (vin) Roland Vamos (vin)
Harry Zaratzian (viola) Joseph Tekula (cello) Eddie Costa (vib)
Bill Evans (p) Jim Hall (g) George Duvivier (b) Scott LaFaro (b)
Sticks Evans (ds) Gunther Schuller (arr,cond)

Rec-1960



Digの流れでコレも取り上げます。ラズウェル細木氏の漫画にも出てきた「Jazz Abstractions」。やっぱり両サイドにシールとスタンプが。

Jazz Abstractions (Back)

このレコードもサイド・メンというかメンバーが凄い。オーネットやドルフィーはもちろん、ビル・エヴァンスやスコット・ラファロまで参加している。MJQのジョン・ルイスの手腕による壮大な現代音楽(?)。ジョン・ルイス自身の演奏はありません。しかしながらオーネットとドルフィーの自己主張は相変わらずです。

ただ個人的な感想としては、このように音楽を難解に表現するような感じがあまり好きになれません。なので身も蓋もないのですがあまり楽しめない作品でした。当方の凡庸な頭ではなかなか理解できないようです。現代音楽等と云う表現をしましたがサード・ストリームに興味のある方には受け入れられやすいかもしれません。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/23(月) 00:17:50|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#252 Con Alma!/Charles McPherson (Prestige) | ホーム | #250 Town Hall Concert/Charlie Mingus (United Artists)>>

コメント

ぬどいさん、こんにちは。

うちにも耳マークのシールが貼ってあるアルバムが一枚あります。
最近はレコードを買うことがなくなりましたので増えることがありませんが、「5スポット」「TOM」と言ったようなジャズ喫茶のスタンプのあるレコードもあります。
「MBS」といった放送局のスタンプがあるレコードやどこやらわからぬ図書館のシールがついているものもあります。
果てはエド ビーチと言った評論家やドナルド バードのものまで。
まるで私のレコード棚は、レコードの墓場と言った感じです。
それらの印のついたレコードを手に取るたび「良くぞ私のところに来てくれた」なんて思ったりします。
妙な話ですなぁ。
  1. 2007/07/24(火) 16:37:05 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

当方が中古屋で大量に買っていたのが1980年代の約10年間なのですが、その時期はジャズ喫茶の蔵盤が結構市場に流通していました。耳マークは大阪にも流れていましたか!放送局のLPも結構ありますよねぇ。私のところにもラジオ大阪やらニッポン放送、FM東京などありますよ。所有の海外盤にも放送局のDJ盤が結構混じっています。図書館は当方にはないですが、エサ箱に入っているのは何度か見たことがあります。

評論家やミュージシャンの所有物は持っていませんがドナルド・バードのレコードとは凄いですね。サインでも入っているのでしょうか?

故あって誰かが手放さなければならなくなった中古レコードが回りまわって自分のところに来るのはSonnyさんが感じておられるように「よくぞ」という気持ちになりますよね。特に持ち主の特定のし易いものは渡って来た過程も気になるところです。
  1. 2007/07/24(火) 23:18:03 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/255-5b524bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。