イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#257 Marco di Marco in Concert (Modern Jazz Record)

Marco di Marco (solo)


A
1.More Than a Breath, but Less Than the Wind

B
1.Favela
2.'Round About Midnight
3.What is This Thing Called Love?

Marco di Marco (p)

Rec-1976



イタリアのピアニスト、マルコ・ディ・マルコのソロ・ライブ。前回は彼の代表作といわれる『un Autunno a Parigi』(Modern Jazz Record)を取り上げました。このアルバムに関してあまり好意的な意見を云わなかったのですが、このソロは当方の欲求に応えてくれるものです。どうやらタッチの力強さが小生の趣向を左右するようです。彼の出自がクラシックから始まっているのでその辺りが関係しているのかもしれません。

スタジオ録音に比してライブの場合は目の前にオーディエンスがいるので歓声に呼応して引き出される能力が高められると思うのですが、彼の場合も通常では律儀なくらいに美しく弾かれるメロディにプラスされた力強さを感じ取ることがここでは出来るのです。結構大きなホールでの演奏だと思います。

A面を占める超大作は予想出来ないメロディ・ラインを序盤から繰り出してきますが、徐々に情熱的に徐々に哀愁のメロディが溢れてきて感情移入の出来る力作となっています。B-1は当方にとっての名曲で何度聴いても心に染み入る旋律が堪らないです。この曲はA.C.ジョビンのナンバーです。モンクのB-2はダークに美しく弾かれ、名曲B-3は個性的な解釈が面白いです。

彼が多数の作品を吹き込んだフランスの「Modern Jazz Record」というレーベルでは、他に『Marco di Marco Quartet in New York』や『Marco di Marco - Jack Reilly』という作品を所有しています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/07/29(日) 02:10:55|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#258 Watkins at Large/Doug Watkins (Transition) | ホーム | #256 Montreux Afterglow/Yosuke Yamashita Trio (Frasco)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/261-1f2109f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。