イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#285 Infinite Search/Miroslav Vitous (Embryo)

Miroslav Vitous


A
1.Freedom Jazz Dance
2.Mountain in the Clowd
3.When Face Gets Pale

B
1.Infinite Search
2.I Will Tell Him on You
3.Epilogue

Miroslav Vitous (b) Joe Henderson (ts) John McLaughlin (g)
Herbie Hancock (el-p) Jack DeJohnette (ds) Joe Chambers (ds→onlyB-3)

Rec-1969



今でこそベースで猛烈な自己主張をするミュージシャンは数多くいますが、この作品が発表された当時はかなりセンセーショナルであったろうことは容易に想像できます。

チェコ出身のベーシスト、ミロスラフ・ヴィトウスの強烈なインパクトを持つ作品。カッコ良い。刺激的である。大好きです。

このアルバムをハービー・マンがプロデュースしているのですが、ヴィトウスはこの時期にハービー・マンのグループの一員として参加していたようです。当方の想像するハービー・マン・サウンドと全く結びつきません。そして翌年にショーター、ザヴィヌル、ヴィトウスでウェザーリポートを結成するのですが、傾向はこちらのコンセプトに近いかと思います。

メンバーを見ればこの当時の気鋭の面子が勢揃いといった感じで、サウンドもエレクトリックを前面に押し出したパワフルな作りになっています。

大好きなA-1、混沌とした中でジョー・ヘンのエコー掛かったサックスが鳴り、マクラフリンのカッティングに痺れ、ハンコックのエレピが怪しく響き、ディジョネットのドラムが暴れます。ヴィトウスのベースは物凄いグルーヴで独特のうねりを形成します。正直言うとこれ一曲で満腹です。A-2はディジョネットとのデュオ、A-3,B-1はジョー・ヘン抜きのカルテット、B-2はクインテットでキレ具合はA-1と双璧です。B-3はディジョネットがジョー・チェンバースに変わります。

全面にリズムがシャシャリ出てきて堪らないです。エレクトリックを否定する人には手に取っても貰えないのかもしれませんが、それじゃ勿体無いなぁと思ってしまいます。



追記:関連レコードが出てきたのでアップします。下記に掲載したこの作品。『Mountain in the Clouds』(Atlantic)は『Infinite Search』と同内容です。ただ曲順が若干入れ替わっているのと上記に収録されていない「Cerecka」という曲がA-4に含まれています。調べてみたら現在発売されている米盤CDには収録されていないようです。3分弱の短い曲ですがマクラフリンの存在感のあるギターがフィーチュアされています。

Miroslav Vitous - Atlantic

A
1.Freedom Jazz Dance
2.Mountain in the Clowds
3.Epilogue
4.Cerecka

B
1.Infinite Search
2.I Will Tell Him on You
3.When Face Gets Pale

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/08/26(日) 00:46:23|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#286 Song Everlasting/Don Pullen - George Adams Quartet (Blue Note-CD) | ホーム | #284 Oscer Pettiford Orchestra in Hi-Fi Volume Two (ABC Paramount)>>

コメント

こんばんは。
このアルバムを知ったのは、まだ1年半ほど前なんですけど、もの凄くインパクトがありました。
ジャズだけに凝り固まっている人よりは、ロック・ファンの方がすんなりと受け入れるのかなという印象です。
格好良いですよね。

手前味噌ですが、以前に取り上げたことがあるので、良かったら覗いてやって下さい。

http://piouhgd.blog17.fc2.com/blog-entry-181.html
  1. 2007/08/26(日) 01:07:56 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

この作品を取り上げられていたのですね。先ほど拝見させていただきました。

私も久しぶりに引っ張り出して聴いています(笑)。

コメントを頂いて他のヴィトウスの作品を引っ掻き回していたら、同内容・異ジャケのアルバムが出てきました。

追記として掲載しておきますね。

彼はまだまだ現役で新譜もリリースしているようですね。実は聴いていないのですが・・・。
  1. 2007/08/26(日) 02:06:59 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/291-2319f779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。