イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#295 "Jug"/Gene Ammons (Prestige)

Gene Ammons


A
1.Ol' Man River
2.Easy to Love
3.Seed Shack
4.Let it be You

B
1.Exactly Like You
2.Miss Lucy
3.Namely You
4.Tangerine

Gene Ammons (ts) Richard Wyands (p) Clarence "Sleepy" Anderson (p→onlyA-4,org→onlyB-3)
Dough Watkins (b) Ray Barretto (ds,conga)

Rec-1961



モッサリしたものが聴きたいなぁとガサゴソやっていて引っかかってきたのがコレ。深夜の音楽、ジーン・アモンズのワン・ホーン・カルテット。一部にオルガン、コンガを加えた程よいコッテリ系サウンド。でもやっぱりモッサリしています。

ジャケのデザイン一面に、この彼の顔写真だけのものがありますがアップしたのはおそらく再発のデザインだろうと思います。

のっけからソウルフルなアモンズのテナーは健在で全曲で溶け出しそうなドロッとしたサウンドが詰め込まれています。オルガンが全面的に入るとしつこいですが、コレでもさすがにモタレ気味です。アモンズのテナーに関して、変な表現で恐縮ですがハスキー・テナーだと思っています。ほどよくカスレたその音色は甘く淫靡な雰囲気を醸し出し、冒頭に述べたように夜の深い時間帯に聴くのがピッタリです。

この作品の翌年から彼は七年間服役します。カムバック後もプレスティッジを中心に濃いヤツをたくさん残し74年に亡くなられています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/05(水) 00:05:39|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#296 Perdido/Aki Takase (Enja) | ホーム | #294 Triology/Kenny Garrett (Warner Bros.-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/301-52a249bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。