イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#296 Perdido/Aki Takase (Enja)

Aki Takase


A
1.ABC
2.Takedano Komoriuta

B
1.Down Dance
2.After a Year
3.Perdido

Aki Takase 高瀬アキ (p,chinese-koto)

Rec-1982



高瀬アキの、当時の西ドイツのニュルンベルグでのソロ・ライブ。

高瀬アキがベルリンに居を構えたのが1987年なので、この時期はまだ日本から渡欧しライブに出ていた時期のようです。

演奏は70年代初頭からしていたようですが、リーダー作は1978年というから自身の作品をリリースしたのは結構後になってからです。またスタイルがフリー・フォームになったのは70年代の半ば頃のようです。師事したのが山下洋輔というのも頷けます。

彼女のパフォーマンスがドイツのオーディエンスにどう映ったのかは演奏後の反応に表れており、代表曲のA-1はクールながらも内なる炎を感じられる演奏や、A-2の「竹田の子守唄」などではイントロに中国琴を使うなど、さぞエキゾチックなオリエンタル・ムードを感じられたことと思います。ここではフリー的要素よりもメロディを大事にして過激な崩しを強調することなく、しかしながら彼女のスパイスはふんだんに盛り込んだ演奏で喝采を受けています。

彼女の旦那さんはヨーロッパ・フリーの重鎮ピアニスト、アレキサンダー・フォン・シュリッペンバッハで、シュリッペンバッハとのデュオやデヴィット・マレイ等との競演、日本人ではベーシストの井野信義との競作がかなりあります。現在も精力的な創作活動を続けているヨーロッパにおける日本人女性ピアニストの第一人者です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/06(木) 00:09:28|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#297 Foreign Intrigue/Tony Willams (Blue Note) | ホーム | #295 "Jug"/Gene Ammons (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/302-b1ccbf9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。