イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#305 This is Honda/Takehiro Honda (Trio)

Takehiro Honda


A
1.You Don't Know What Love is
2.Bye Bye Blackbird
3.Round About Midnight

B
1.Softly as in Morning Sunrise
2.When Sunny Gets Blue
3.Secret Love

Takehiro Honda 本田竹曠 (p) Yoshio Suzuki 鈴木良雄 (b)
Fumio Watanabe 渡辺文男 (ds)

Rec-1972



本田竹曠のピアノ・トリオ。素晴らしい演奏、素晴らしい録音、素晴らしい絶叫、中身が濃いです。CDは12曲入りのようです。

むさ苦しい横顔が写った本作は、本田の作品の中で個人的ベストのアルバムです。有名な馴染みのナンバーばかりですが気合の入った演奏が展開されています。エネルギッシュなものはさらに迫力を以って臨み、リリカルはバラードは、究極の耽美に挑戦しているようで、聴き手のこちらも前に乗り出してしまいます。

A-1のシットリとムード溢れるタッチは徐々に抑揚をつけて素晴らしい演奏になっています。A-2の流れるような旋律と図太いラインを弾く鈴木良雄のベースは聴き所です。A-3のどちらかというと陰の部分をあまり強調せずにメロディに色を付けて演出したプレイは見事です。MJQの名演で有名なB-1のノリの良さ、B-2は好きなナンバー、ジックリと弾き込んでくれます。B-3はエンディングに相応しい明るいナンバーでピアノ・ベース・ドラムが一体になったスピード感溢れるプレイが爽快です。ピアノの高音域を中心に使用した煌びやかなサウンドです。

この作品で本田のリキの入った絶叫が随所に記録されています。キース・ジャレット張りの唸り声は、苦手な人には苦痛になるのかもしれませんが、この熱のこもった演奏を聴けば些細な事と当方は思えます。また菅野沖彦の録音は三者のバランスを生かした見事な録音で演奏の良さはもちろん、本田の雄叫びをも際立たせています。しつこいですね、失礼しました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/15(土) 02:13:35|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#306 Lee Morgan Indeed! (Blue Note) | ホーム | #304 Jazz Giants '58 (Verve)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/311-335da691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。