イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#311 Go!/Dexter Gordon (Blue Note)

Dexter Gordon


A
1.Cheese Cake
2.I Guess I'll Hang My Tears Out to Dry
3.Second Balcony Jump

B
1.Love for Sale
2.Where are You
3.Three O'Clock in the Morning

Dexter Gordon (ts) Sonny Clark (p) Butch Warren (b) Billy Higgins (ds)

Rec-1962



『Go!』である。『!』は裏ジャケ&レーベルに表記されている。どちらが正式なのかは判らないですが、まあどっちでもいいことですね。

BNのデクスター・ゴードンの作品の中ではコレを一番載せています。他のレーベルでは二管の『Dexter Blows Hot and Cool』(Dootone)辺りが好きですね。BNでは3作目で、ブランクからの復帰以降の4作目になるワン・ホーン作品です。彼の渡欧直前の作品で、この2日後に全くの同メンバーで『A Swingin' Affair』(4133)も吹き込んでいます。バックがソニー・クラーク・トリオということもあって人気盤であるようです。

ワン・ホーンならではのデックスの豪快なブロウが楽しめます。当方の彼のテナーの印象は武骨なサウンドといった趣きで、洗練さとはかけ離れた位置にあるように感じます。ただそれが彼らしい良い特徴として表現されているような気がします。この作品にしろ、2日後の『A Swingin' Affair』にしろデックス・サウンドは健在で、ワン・ホーンということもあってバッキングではソニ・クラのソロもかなりの尺で堪能できます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/21(金) 01:41:02|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#312 Spaces/Larry Coryell (Vanguard) | ホーム | #310 Pause, and Think Again/John Taylor (Turtle FMR-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/318-30a189a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。