イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#318 Take Ten/Paul Desmond (RCA Victor)

Paul Desmond - Take Ten


A
1.Take Ten
2.El Prince
3.Alone Together
4.Embarcadero

B
1.Theme from "Black Orpheus"
2.Nancy
3.Samba de Orfeu
4.The One I Love (Belongs to Someboby Else)

Paul Desmond (as) Jim Hall (g) Gene Cherico (b) Connie Kay (ds)

Rec-1963



余談を・・・。

そんなに強くないけれど、お酒をチビチビ飲るのが好きである。本当なら格調ある老舗の居酒屋で一杯飲ってみたい。残念ながら田舎に引っ込んでいるとそういったシチュエーションはかなり厳しい。田舎でも歴史ある街で且つそういう風土を大切に守ろうとしている自治体には期待が出来るがココはそんな土地ではない。遠征すれば帰宅できない。なかなか厄介ですなぁ。

そんな可哀想な身の上に沁みる番組の新シリーズが昨日より始まった。CS「旅チャンネル」で開始された『日本百名居酒屋』。ナビゲーターは太田和彦氏。興味のあるスポーツぐらいしか見ない私が唯一楽しみにしている番組です。以前にも書いたけれど約8年、8クール放送された番組の新シリーズである。BS-iにも『酒場放浪記』なる吉田類氏がナビを務める番組があるがこちらは大衆居酒屋といった風情。太田氏の番組が取り上げる居酒屋は唸る雰囲気と肴が相まって呑兵衛なら必ず反応する。新シリーズはこれまでの集大成的な意味合いがあると思われ、百名山に擬え厳選された百軒を2年間掛けて放送されるようだ。嬉しい。嬉しいけれどあまりに美味そうで悔しい。

この番組のテーマ曲は8年間、ブルーベックの「テイク・ファイブ」を使っていました。ひょっとしたら小学生でも知っているかもしれないぐらいの定番曲。今回新たに復習編という意味合いも含めてなのか、テーマがこのアルバムのA-1に差し替えられた。流れとしては全く違和感が無いですね。

ブルーベックがジム・ホールに変わり、リズムはジーン・チェリコとコニー・ケイ。デスモンドのアルトはどのアルバムでも変わらず真綿に包まれたようなソフトなサウンドで聴き手の耳を撫でる。どこを切ってもデスモンド・サウンド。激しいアドリブとは対極の温もりのある音色が心地良い。

番組の出演者の太田氏も構成の小川氏もジャズ・ファンで、毎回新旧取り混ぜたジャズをBGMに視聴者が悶絶する30分を提供する。そういえば前回のシリーズの対談編ではこれまたジャズ・ファンには御馴染みのラズウェル細木氏がゲストだった。楽しみな2年間がまた始まる。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/28(金) 00:52:54|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#319 Embraceable You/Don Patterson Quartet (Prestige-NED) | ホーム | #317 The Music From 'The Connection'/Freddie Redd Quartet with Jackie McLean (Blue Note)>>

コメント

余談に喰いつきますが

ぬどいさん、こんばんは。

居酒屋、立ち飲み屋通いはほぼ生活の一部となっているsonnyです(笑)。

太田和彦さんの番組ですが知らない土地の居酒屋探検の保険の役割として利用させてもらっています。旅先に行ってみてどうにもこうにもよさそうな居酒屋が無ければ、番組に紹介されたお店に行ってみます。
もちろん関西周辺のお店には番組で紹介される以前から通っているお店もあります。
テレビで良さそうでも自分が気に入るかどうかは半々といった感じです。
個人的には「老舗居酒屋」をカサにきているようなお店はご遠慮願いたいところです。お客さんが「呑ませていただいています」といった態の雰囲気だと居心地が悪いです。
お店の方もテレビの前ではヨソイキの顔でも、実際はそうでもなかったりすることも有ります。
上燗で有名な京都のSがやけどしそうな熱燗を出したり、全国的に有名な大阪のMの客あしらいが最低だったり……

居酒屋はやっぱり自分の足で見つけるのが一番かなと思います。
ガイド書に載っている名盤より自分で探した名も無い佳作の方に愛着を覚えるところは、ジャズを聴くときの習癖と同じですなぁ(笑)。

でもあの番組でまずは行けそうも無い東北あたりの居酒屋が映っていると無性に行ってみたくなります。
なんともいやしい難儀な性分です(笑)。
  1. 2007/09/28(金) 02:50:21 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

-喰いついて戴き有難うございます-

Sonnyさん、こんばんは。

居酒屋は軒並み18きっぷの旅行の時のみのぬどいです(笑)。

Sonnyさんの過去ログで、高松の「美人亭」を取り上げておられたので、もしやと思っておりました。あそこは女将も肴も最高ですねぇ。大分前ですが一度だけお邪魔したことがあります。

私も旅行時の晩酌の場として活用しています。どちらかというと保険ではなく「目当て」で行きます。

>テレビで良さそうでも自分が気に入るかどうかは半々といった感じです。

そうなんですよね。人それぞれに好みがあるのでパーフェクトとまではいかないですね。私も客と主人が逆転したような居丈高なお店は当然ですが嫌ですね。幸いにあまり嫌な思いをしたことはありませんが。大阪のMは実は行ってみたいお店です(笑)。京都のSは多分判っていないと思います(汗)。

>居酒屋はやっぱり自分の足で見つけるのが一番かなと思います。

願望はソコなんですが、何でも指針を欲しがる強欲でもあります(恥)。ジャズでも居酒屋でもたくさん情報を欲しがります。でも情報に振り回されてはいないと思いたいのですが・・・。どうなんでしょうかねぇ。ジャズの佳作に愛着を覚えるのは私も同様です(笑)。

私は生まれが北海道で現在北関東にいるので比較的近場の東北の居酒屋は結構ハシゴしました。素朴な素材と新鮮な魚は場所は違えど絶品と言えるものに当たる確率の高い土地柄だと思います。なのでSonnyさんとは逆で西の情報には疎いです。時間があれば関西以西の名店(?)を訪れてみたいと思っているのです。なかなか難しいのですが・・・。
  1. 2007/09/28(金) 20:05:23 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/324-899e62ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。