イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#322 Seven Steps to Heaven/Miles Davis (Columbia)

Miles Daves - Seven Steps to Heaven


A
1.Basin Street Blues
2.Seven Steps to Heaevn
3.I Fall in Love Too Easily

B
1.So Near so Far
2.Baby Won't You Please Come Home
3.Joshua

A-1,A-3,B-2

Miles Davis (tp) Victor Feldman (p) Ron Carter (b) Frank Butler (ds)

A-2,B-1,B-3

Miles Davis (tp) George Coleman (ts) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b)
Anthony Williams (ds)

Rec-1963



ジャズを何年もながーく聴いていると、自分が入門した頃の作品群を暫らく聴いていないことに気づいたりする。ジャズに限った話ではないかもしれないが、聴きたいものがどんどん増えるにつれ愛聴盤がどんどん変化していくのは致し方ないことなのかもしれません。ましてや新譜でリリースされるジャズが魅力的でそれを追っかけ始めている現在、潤沢な資金と潤沢な時間が割けない場合はどうしても新譜の購入を優先し、どうしても新譜を聴く時間に充ててしまうのは仕方の無いことだとも思います。

で、マイルス・デイヴィスですが暫らく聴いていませんでした。当方が本格的にジャズに関わった当初は、ビック・ネームと云われるアーティストの名盤と云われる作品から入りましたので、その演奏の噂に違わぬ内容に満足し、それらを繰り返し聴いていました。

今回久しぶりにマイルスを聴くにあたり、自分にとっては懐かしの指針本(と敢えて云う)、中山康樹氏の『マイルスを聴け!』の一番新しいものを取り寄せてみようと思い、発注したものが先日届きました。マイルスやコルトレーン、ビル・エヴァンスなどのビッグ・ネームにはディスコ代わりにもなるような内容で、立派な装丁を施したものが著名な評論家の方々から出版されていますね。最初に出た『マイルスを聴け!』や文庫で出た『2001』は読んだのですが手元に残っていませんでした。今回取り寄せたのは既に1年前に出版されたものですが改訂7版を数え、文庫本であるにも関わらず1600円というちょっと信じられない価格でした。

届いてみてビックリ、1000頁近くあり幅が3.5cmもあるモノに変貌していました。いやはやなんというヴォリューム。正直あきれてしまった。昔、講談社学術文庫から発売されていた辞典シリーズと厚さが変わらない。ザッピングの如く中身をパラパラやっていたらとてつもない量のブートや未発表が収録されている。今更ながらこのアーティストの凄さと全貌を明らかにしようとする執念を垣間見た気がします。80年代以降の掘りおこしはとんでもない膨大な量にまで達していますなぁ。

前置きが長くなりましたが、マイルスの『Seven Steps to Heaven』。コレを選んだ理由に深いものはまったくありません。マイルスの作品が刺さっているところから見当を付けず抜いただけです。2セットのカルテットとクインテットが交互に収録されています。今更ながら懐かしく、またシビれます。中山氏の言葉を借りれば、まずフェルドマンのセットで上記の6曲を録音し、後日ハンコック&トニー・ウィリアムスのセットで録音し3曲分が差し替えられた、とのこと。もちろん比較して出来の良いほうが取り上げられ、フェルドマンのボツ・テイクが別の形でリリースされた、と。氏はA-2,B-1,B-3に絶対的価値を見出しているようですが、フェルドマンのセットも渋い鈍色の光を放っていると思うのですが・・・。

この『マイルスを聴け!』。仰向けに寝っころがって読んでいたらあまりの自重に本体がカバーから外れ顔面に落下してきた。仰向け読書派の私としては厄介なことこの上ないですなぁ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/02(火) 00:06:54|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#323 Free Action/Wolfgang Dauner (MPS) | ホーム | #321 Lucky Strikes/Lucky Thompson Quartet (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/328-4e1d277b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。