イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#326 Mood/Robert Glasper Trio (Fresh Sound New Talent-CD)

Robert Glasper-Mood


1.Maiden Voyage
2.Lil Tipsy
3.Alone Togerther
4.Mood
5.Don't Close Your Eyes
6.Blue Skies
7.Interlude
8.In Passing
9.L.N.K. Blues

Robert Glasper (p) Mike Moreno (g→only4) John Ellis (ts→only4,9)
Marcus Strickland (ts→only9) Bob Hurst (b) Damion Reed (ds) Bilal (vo→only1,5)

Rec-2003




いつも当方の稚拙なログにコメントを寄せてくださるSonnyさんが、以前ロバート・グラスパーの3rdアルバムのレビューをご自身のブログにアップされていました。いつも当方のヘンテコなラインナップにも関わらずコメントを寄せてくださるpiouhgdさんもグラスパーの3rdを取り上げておられました。ロバート・グラスパーの名は知っていたのですがお二方がログにされるまでは未聴の状態でした。グラスパーに対するヒップ・ホップ絡みのネタは、元来音楽をジャンルで分け隔てすることはしたくない当方にとっては充分興味を惹くに値する要素でした。もう既にクラシックとなったPete Rock & C.L.SmoothやThe Pharcyde、近年モノだとTuff Loveなどどちらかというとジャズ寄りの音を作る連中が好みのワタクシであるので、ジャズ・ピアニストとしてのグラスパーがどういう音楽を作っているアーティストであるのか、どういう要素を持ったプレイヤーであるのか好奇心が湧きました。お二方のレビューは当方が聴くキッカケとして格好の物でした。そして発表されている3枚のアルバムを取り寄せ彼の個性的なスタイルを楽しんでおりました。お二方の遣り取りを拝見していて彼の来日の報を知り、ギリギリまで決めかねていたライブに行ってみようと決心し10月5日のチケットを抑えたのが公演の前々日、そして彼の最終日の2ndステージを観てきました。おのぼりさん故に昨晩は宿泊することになりましたが。

会場はほぼ満員状態。コットン・クラブのHPによると当初予定だったドラマーがキャンセルとなり、初日の2日の2セットはベースとのデュオだったようです。彼のスタイルからデュオはどうかと思ったのですが、ステージを見終わった今、大変興味深い編成であるなぁと感じた次第。デュオを見た方のブログでは大変良かったとの印象が。

メンツはRobert Glasper (p), Vicente Archer (b), Eric Harland (ds)のピアノ・トリオ。ベーシストは2nd,3rdのアルバムでも共演しています。演奏されたのはアンコールを含め曲単位としては4曲、約1時間15分。近作『In My Element』からのプレイで、しかも美味しいところを完全に網羅した充実した内容でした。初っ端は「g & b」~「Of Dreams to Come」の流れで約30分の熱演。ライブならではの即興も相まって興奮しっぱなしでした。続いて「f.t.b.」と「Maiden Voyage」。「Beatrice」あたりのフレーズも散見されました。全体的には1曲ごとが長尺な演奏でしたが長さを感じさせない圧倒的パフォーマンスで完全に入り込んでしまいました。アンコールは「Y'outta Praise Him」の導入部分をバラッドにて。完全に没入状態で終了したので、後ろ髪を引かれる想いで会場を後にしました。

大変楽しみ満足したライブですが、個人的に感じた細かな部分ではドラマーの音圧が強いセッティングだった為、若干全体的なバランスを汲み取りにくい感じがしたのは否めません。しかしジャズ・ドラムの枠を超えたプレイはココでも健在で、グラスパーの特徴である繰り返されるフレーズが爆発し、体全体が渦に巻かれたような高揚感でした。彼らのエモーショナルなパフォーマンスは期待通りのもので未だに余韻を引きずっています。

今回の体験はSonnyさん、piouhgdさんの記事がなければライブには行けなかったわけで、お二方には大変感謝しております。すみません(汗)、観てきちゃいました(汗)。最後に御礼申し上げます。どうも有難うございました。

本日取り上げているのは彼のファースト・アルバム。ライブで演奏された「Maiden Voyage」はこの『Mood』の1曲目にもヴォイス入りで収録されています。彼の作品3枚とも楽しんでいますがコレの2曲目の「Lil Tipsy」と6曲目の「Blue Skies」を気に入っています。ギターとテナーの入った4曲目「Mood」も情熱的な作品ですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/06(土) 22:23:06|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#327 A Jones for Bones Tones/Conrad Herwig (Criss Cross Jazz-CD) | ホーム | #325 The Trumpet Player/Avishai Cohen (Fresh Sound New Talent-CD)>>

コメント

ライブ、行かれたのですか!
実は、半ば行くつもりでおりましたが、スケジュール面、金銭面(こっちが大きいです笑)で断念してしまいました。
行こうと思っていたのは、まさにぬどいさんと同じ日でした。
残念です。

>Pete Rock & C.L.SmoothやThe Pharcyde、近年モノだとTuff Love

最近はほとんどヒップホップをチェックしていないのでTuff Loveは知りませんが、その他は自分も大好きです。
自分は、ヒップホップを聴くようになってからジャズへ入ったのですが、もともとジャズを聴いていた方がヒップホップをどう見るのか非常に興味あります。
  1. 2007/10/07(日) 09:01:58 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんにちは。

はい。行ってしまいました(笑)。かなり悩みましたが都合がついたので思い切って行ってみる事にしました。2ndセットはどうしても終電絡みで二日掛りになってしまうのでどうしようかと思ったのですが、折角なら一番盛り上がるであろう最終日最終公演を狙ってみました。次の来日が何時になるかも判らないので行ったのは正解でした。

>もともとジャズを聴いていた方がヒップホップをどう見るのか非常に興味あります。

これは人其々と思うのですが、当方の場合は完全に作り出された音に反応しています。ライムもリズムとして捉えているところがあります。なので生み出された背景などはフリー・ジャズの背景などと一緒で、私のシワの少ない脳味噌になかなか頭に入ってきません(笑)。例えばDJ SHADOW-RADIOHEADが米ブッシュ大統領のテロ関連の発言の肉声をサンプリングした反戦と思われる曲があるのですが、完全に音のカッコ良さのみで何度でも聴いてしまいます。他にテクノ周辺なども完全にそういった聴き方です。

ハズかしながら、当方の理解という意味はかなり感覚的なものであるようです(恥)。
  1. 2007/10/07(日) 17:30:15 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

ぬどいさん、こんばんは。

グラスパーのライブ楽しまれたようでよかったですね。観に行けない私はかなり残念な気持ちです。
デュオ好きの私には初日のベースとの演奏は大いに気になるところです。何かのひょうしにアルバムにならないかなぁと思いますが、ブルーノートのアーティストと言うことですからちょっと無理でしょうね。こちらも大いに残念です。

"Mood"での彼はなんといってもハンコックの影響が色濃いように聴き取れます。。最新作のアルバムでは彼の特徴が際立ってきたように思っています。
短期間でドンドンと成長してきたグラスパーはまだまだのびしろがあるようで、これからをもっと楽しみにしています。
  1. 2007/10/09(火) 01:23:51 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

>グラスパーのライブ楽しまれたようでよかったですね。

有難うございます。何とか観る事が出来てよかったです。Sonnyさんには大変恐縮なのですが素晴らしいアーティストを紹介して頂いて来日の機会に接することも出来、本当に感謝しております。

>何かのひょうしにアルバムにならないかなぁと思いますが

そうですね。ブラッド・メルドーあたりの日本公演もリリースされていますので、こちらが良く解らない権利関係がクリアであれば期待したいところですね。

彼はなかなかチャーミングな男で、MCも楽しいものでした。ハコが飲食を伴ったクラブであった為、おのぼりさんには緊張する空間でしたが次があればライブ・ハウスでパフォーマンスしてもらいたいなぁと期待しています。今度は是非来阪もして欲しいですよね。
  1. 2007/10/09(火) 01:54:34 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/332-6f76fbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。