イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#328 Dockings/Michel Portal (Label Bleu-CD)

Michel Portal


1.Barouf
2.Dolphy
3.Lion's Dream
4.Mutinerie
5.Next
6.Solitudes
7.Embrouille
8.K.O.
9.Tourniole
10.Ida Lupino
11.Illusion in B Flat

Miche Portal (b-flat-cl,b-cl,bandoneon,as) Markus Stockhausen (tp)
Bojan Zulfikarpasic (p) Steve Swallow (el-b) Bruno Chevillon (b)
Joey Baron (ds)

Rec-1997



フランスのレーベル、ラベル・ブルーはどうやら癖のある作品をリリースする会社との認識が一般的になされているようで、アルバムのラインナップも実際のサウンドも確かに一筋縄ではいかないメンバーが名を連ね、特異な楽器を用いたサウンドは期待を裏切ったり期待以上のものを与えてくれたりと私の感想としてはビックリ箱のような面白さがあります。このレーベルはフランスのある自治体の文化局、音楽出版部門が興したとのことですが、自国の無名アーティスト以外にもアメリカのビック・ネームやこのアルバムのようにフランスの巨匠も名を連ねており、まさに玉手箱のような作品群に拍車をかけています。

当方にとってのこのレーベルは「ボヤンZ」こと、ボヤン・ズルフィカルパシチが全ての始まりで、彼のリーダー作が完全にこちらのツボに入ってきて止められなくなりレーベル全体を積極的にディグするようになりました。彼の『Xenophonia/Bojan Zulfikarpasic』での重低音を響かせるピアノにヤラれ、かといってジャズと言っていいのか解らないくらいに異質なアプローチは、変わり物好きの当方にはあまりに刺激的で繰り返し聴いていました。

ボヤンZの関連作品をチェックしていて引っかかったのが、ラベル・ブルーでの4作目であるミシェル・ポルタルのこのアルバム。相変わらずおもしろ楽器をチョイスしたパーソネルに目がいってしまう。ボヤンZは自身のリーダー作以外にもかなり他のアーティストの作品にも参加していてアンリ・テキシェやシルヴァン・バフなどの作品にも顔を出しています。そして米欧混合の作り出す音はさらに無国籍な新たな音をクリエイトします。

ポルタルのこのアルバムは冒頭からなんといったらいいのか、中東色と云えばいいのか、異様さからいえば一級品です。彼のバスクラとアルトは怪しさを醸し出し、マーカス・ストックハウゼンのミュートの利いたペットがそれを増幅させます。このレーベルの特色と言えるかもしれませんがリズムが個性的でドラムがエキゾチックなシチュエーションに雰囲気をしつらえてくれます。当方にとってはかなり面白がって聴いている作品の部類です。

聴き手を選ぶ音であるので万人向けとはいえないのですが、ジャズの枝葉の一端としてみれば、こんなに興味深い対象もなかなか無いような気がします。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/08(月) 14:30:07|
  2. Flute, Clarinet, Tuba, Violin, etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#329 Detained at the Blue Note/Jeff "Tain" Watts (Half Note-CD) | ホーム | #327 A Jones for Bones Tones/Conrad Herwig (Criss Cross Jazz-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/334-ef71442b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。