イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#329 Detained at the Blue Note/Jeff "Tain" Watts (Half Note-CD)

Jeff


1.107 Steps
2.JC is the Man
3.Mr. JJ
4.Sigmund Groid
5....Like the Rose

Jeff "Tain" Watts (ds) Kenny Garrett (as) Marcus Strickland (ts)
Dave Kikoski (p,syn) David Gilmour (g) Eric Revis (b)

Rec-2004



先日行ったコットン・クラブの今後のスケジュールを記した小冊子を見ていたら、12月にジェフ・ワッツが来ることを知った。新作の『Folk's Songs/Tain & The Ebonix』がリリースされ、そこに参加しているクリスチャン・マクブライドが一緒だという。うーん、見たいなぁ・・・。新作はまだ未聴なんだけど・・・。ピアノがデヴィッド・キコスキー、テナーにマーカス・ストリックランドと今日取り上げたアルバムでも熱演を見せている連中も来るではないか!揺らぐ自分がおります。先日終わってしまいましたが6日、7日とニルス・ラン・ドーキー・トリオが来ていたのですが、そこにアレックス・リールがドラムで参加していて実はそれも見たくて悶々としていました。ジェフ・ワッツはテクニカルで強烈なドラマーですので来日を知ってしまった以上、欲求を抑えるのが大変です。

2004年のこのライブは激しいサウンドがパッケージされています。ライブならではと云えると思いますが、ココに収録されている5曲は全て10分以上ある長尺の演奏で、それこそ火の出るエネルギッシュな演奏は、アクのある黒さとともに聴き手の頬に張り手を食らわします。

この作品は彼の『Bar Talk』(Columbia)からの選曲が多いのですが、一発目に何とビョーク(Bjork)の曲を持ってきていて、エネルギッシュで興奮モノです。良く判らないのですが彼女の映画での曲だそうで、私にとってはシュガーキューブスの頃が知っているビョークであるのでソロになってからは見当がつかないのです。凄く熱いものが込み上げてきます。繰り返されるフレーズは空になった頭の中を無限にループします。そしてギタリストのデヴィット・ギルモアに痺れます。2曲目のJCは良く判らんのですがコルトレーンのことでしょうかね。連中の「JC is the Man!」の掛け声とともにワッツのテクニック溢れるドラミングが素晴らしい。オーディエンスもノッています。3曲目は何といってもケニー・ギャレットの独壇場です。ココでのケニー・ギャレットは完全に何かに取り憑かれています。佳境になると悲鳴にも似たフリーキー・トーンが炸裂し何も寄せ付けない凄まじさを感じます。Coltrane-Likeと説明があるのも頷けます。4曲目もサックス陣大活躍ですがキコスキーの煽るようなピアノは特筆すべきであろうと思います。ジェフ・ワッツのエルヴィンの幻影をよぎらせる様な破壊的なプレイが脳天を直撃します。5曲目はキコスキーの導入に続いてヴォーカルが現れます。どこかジャズを超越したようなサウンドは、ソウル・ミュージックかと思うほどホットでエンディングのワッツのドラム・ソロは、同様にジャズ・ドラムを超越しています。

あまりにスリリングで脈拍の速くなる音楽です。ジャズに張り倒されたい方にオススメします。嗚呼ジェフ・ワッツ・・・。見たい・・・。どうしてくれよう・・・。その前に新譜聴かなくちゃ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/09(火) 00:20:18|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#330 Hello, Dolly!/Ella Fitzgerald (Verve) | ホーム | #328 Dockings/Michel Portal (Label Bleu-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/335-6086a24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。