イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#331 Renato Sellani Jazz Piano (Dire)

Renato Sellani


A
1.Invitation
2.Lush Life
3.A Meno Cha
4.I'll Remember Clifford

B
1.'Round About Midnight
2.I Fall in Love too Easily
3.Nostalgia
4.Tribute to Someone

Renato Sellani (p)

Rec-1968



イタリアのピアニスト、レナート・セラーニのソロ・ピアノ。

先週久しぶりにおのぼりさんで上京し宿泊することもあって、ただ帰らずに翌日にはさらに久しぶりなレコ屋を覗いてみようと思い実際に徘徊してみました。予算的なこともあって買わずに冷やかし程度で帰ろうと思っていたのですがやっぱりダメですな。小脇に抱えてしまったレコの選別に難儀するほど目移りしていけません。10枚以上抱えていたものからヒイヒイ言いながら2枚だけ購入。コレと、CDより安いからという単純な動機でアルヴァニタの『Live Again』(Futura)。

Direというレーベルが好きで、例えばギド・マヌサルディ、フランコ・アンブロゼッティ、ゴードン・ベック、ジョルジオ・アゾリーニ、そしてヴォーカルではレナータ・マウロ等々このレーベルの作品は、当方に十分な刺激をもたらしてくれます。

セラーニも60~70年代、マイナー・レーベルに多くの作品を残しており、この作品には今まで縁が無かったので購入した次第。近年もファブリツィオ・ボッソ等と共演し、元気なところを見せてくれています。

聴いた感じは結構ゴージャスなタッチ。ソロ・ピアノなので力量を測りやすいのですが、感情を上手くコントロールした演奏は上質な雰囲気を醸し出します。音質がイマイチなところが残念ですが、内省的なプレイが柔らかな音色を奏で、心にジンワリと沁み入る優しい音楽です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/11(木) 00:49:09|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#332 Live Again/Georges Arvanitas Trio (Futura) | ホーム | #330 Hello, Dolly!/Ella Fitzgerald (Verve)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/337-59faca09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。