イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#333 Don Rendell Reunion with Ian Carr & Michael Garrick (Spotlite-CD)

Don Rendell Reunion


1.Linger With Lester
2.Pause and Effect
3.I Can't Believe That You're in Love With Me
4.Penthouse Serenade
5.Bernie's Tune
6.If You Only Knew
7.If I Could be With You One Hour Tonight
8.Afterhought
9.Smoke Screen
10.How Deep is the Ocean
11.Struttin' With Some Barbecue

1,2,7,8

Don Rendell (cl,ss,ts) Mark Bassey (tb) Michael Garrick (p) Mario Castronari (b)
Alan Jackson (ds)

3,4,5,6,9,10,11

Don Rendell (fl,as,ts) Ian Carr (tp,fl-h)
Richard Busiakiewicz (p) Mario Castronari (b) Robin Jones (ds)

Rec-2001



レンデル=カーの入手難関作品が2004年に英BGOから、多くのタイトル数を一挙に2in1仕様で復刻し、それを喜んだ人はかなりおられたようで、これらの作品は実際に相当数売れたとの記事もどこかで読んだ憶えがあります。待ち望んでいた方が大挙して発注を掛けたり店頭で手に取ったりしたのは、レンデル=カーを再発させることに期が熟していたことだったということでしょうし、だからこそ大きな売り上げになったのでしょう。評判の良さと入手の困難さが増幅していくと爆発的に売れるのでしょうねぇ。特に『Shades of Blue』と『Dusk Fire』のパックは垂涎盤だったので快哉を叫ぶ方多数だったことでしょう。

再発以前は実際に彼らのアルバムを見かけることが滅多に無く、見かけてもとても買えるような代物ではない状態で、当方もまだ見ぬこれらのアルバムが手に届かず悶々としていた時期がありました。首尾よくゲットした後は噂に違わぬ名演を楽しんでおりました。

その彼らが40年近くの時を経てタイトル通りリユニオンしたのがこの作品です。この作品には2セットあり、レンデル=カーのセットと、レンデル=ガーリックのセットが混在してパックしてあります。ジャケを見た感じだけでは復刻盤のような風合ですねぇ。

このオヤジたちはだいぶ丸くなりましたねぇ。聴いていて寛げる渋いアルバムになっていました。レンデルのリードはどれも柔らかく、1曲目などはまるっきりトラッド臭が漂う演奏で嬉しくなります。時々不安定なところも散見されますが、枯れた味わいがまた堪らなくジンワリと温かくなるものがあります。イアン・カーのペットもマイルドで、ガーリックのピアノも刺々しさがなくなっていました。

ゆるーい気分でマッタリ出来る暖炉のような温もり盤です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/13(土) 22:10:26|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#334 My Heart Sings/Polly Bergen (Columbia) | ホーム | #332 Live Again/Georges Arvanitas Trio (Futura)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/339-6ea311bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。