イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#337 Seven Standards and a Blues/Ernie Henry Quartet (Riverside)

Ernie Henry - Seven


A
1.I Get a Kick Out of You
2.My Ideal
3.I've Got the World on a String
4.Sweet Lorraine

B
1.Soon
2.Lover Man
3.Specific Gravity
4.Like Someone in Love

Ernie Henry (as) Wynton Kelly (p) Wilbur Ware (b) Philly Joe Jones (ds)

Rec-1957



タイトル通りの作品か、と思ったら8曲収録されていた。何のことはなくこちらの読解力が足りないだけで、7曲のスタンダード+ブルース=8曲なんですね。「7曲のスタンダードとブルース」と理解すると全然違うのですねぇ。恥ずかしながら無知を披露しました。

アーニー・ヘンリーは50年代に活躍したアルト奏者。とはいえこのアルバム収録と同年の57年にお亡くなりになられました。この作品の約3ヵ月後のことです。コレをを吹き込んだ後の記録としてドーハム名義でフィーチュアリングされた『2 Horns, 2 Rhythm』(Riverside)で聴けるそうなのですがコレを所有していません。気になるレコードがまた一枚増えました。

ですので、アーニー・ヘンリーの単独名義としてのラスト・アルバムということになるのでしょうが、ラストの作品に在りがちな「憂い」というものは全く無い、何とも軽快な8曲が並んでいます。当方には彼の亡くなられた原因が解っていないので何とも言えないですが、少なくともコレを聴く限りでは健康状態に関するような事ではないような気がします。しっかりとしたブロウが聴かれ、彼特有の僅かな雑味を感じさせるアルトが全体で鳴っています。

ひとつの自作のブルース(B-3)と、七つのスタンダード(それ以外)はクオリティが高く、ウィントン・ケリーのピアノ、堅実なウィルバー・ウェアのベース、フィリー・ジョー節があちこちに顔を現す御馴染みのドラムが一体となって、数少ない彼の作品に花を添えます。

どこを切っても軽快さが残る、明るいラスト・アルバムでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/17(水) 18:18:39|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#338 Follow the Red Line/Chris Potter Underground Live at the Village Vanguard (Sunnyside-CD) | ホーム | #336 Here and There/Eric Dolphy (Prestige)>>

コメント

こちらにもちょっとおじゃまします。

アーニー ヘンリーの死因ですがjazzizかなにかで、白血病であったような記事を見かけたと思います。いずれにしろ結構なジャンキーだったようで間違いなくそれが遠因になっていたんだと思います。
当時のアルティストのなかではテナーと同じ力感で吹き得たのは彼だけではなかったのかなと感じます。記事中でのドーハムのアルバムでもなかなかの存在感をあらわしています。
彼の参加作品は本当に数少ないですがやはりモンクの「ブリリアント コーナーズ」でのプレイでこれからも人々の記憶に残り続けるように思います。
夭逝が実に惜しまれるアーティストですね。
  1. 2007/10/19(金) 01:13:14 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

何と白血病ですか。コレは彼の中でも結構評価が高い作品ですのでそんな状態とはつゆ知らずでした。

>結構なジャンキーだったようで

この年代のミュージシャンにはどうしてもドラッグがついてまわりますね。一瞬の閃きのために散っていった偉大なミュージシャンがあまりに多すぎますね。

>テナーと同じ力感で吹き得たのは彼だけではなかったのかなと感じます。

おっしゃられる通り、彼のアルトの音圧は素晴らしいですね。力強いといった表現が出来そうですね。ドーハムの作品も気になります。折りをみて落手しようと思います。

>モンクの「ブリリアント コーナーズ」でのプレイ

そうでしたね。ロリンズのインパクトが強いのですが彼も健闘していましたね。暫らく聴いていなかったのでこの後楽しもうと思います。
  1. 2007/10/19(金) 19:15:49 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/343-a9a8ecba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。