イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#338 Follow the Red Line/Chris Potter Underground Live at the Village Vanguard (Sunnyside-CD)

Chris Potter Underground


1.Train
2.Arjuna
3.Pop Tune #1
4.Viva Las Vilnius
5.Zea
6.Togo

Chris Potter (ts) Craig Taborn (el-p) Adam Rogers (g) Nate Smith (ds)

Rec-2007



うわぁ・・・コレは見たいなぁ、と思った熱狂ライブ。ちょっと凄すぎる。一聴するとコレはファンク・アルバムではないのかと考えるくらいにエネルギッシュで、ジャズはフォービートとのたまう人間を張り倒す暴力的な音楽がありました。いやぁ、過激でシビれました。

同じヴィレッジ・ヴァンガードの作品で『Lift』(Sunnyside)というのがあり、これはいつもお世話になっているSonnyさんがご自身のログに残されておられたので、当方もチェックして『Lift』を楽しんでおりました。『Lift』のポッターもアグレッシブで、ライブ・アルバムに特別の思い入れのある私にはかなり歯応えのある美味しい内容で愛聴していましたが、「アンダーグラウンド」名義でのこのアルバムはワイルドでカッコよく、ちょっと暫らくは止められない危険な作品になりそうです。

実はこのアルバムと同時にストリングス入りの作品『Song for Anyone/Chris Potter 10』が発売されましたが、ストリングス入りというところに引っかかり見送っていました。ちょっとコレも引っ張ってこなければならないようです。

ポッターのエネルギッシュな吹き上げにシビれ、もはやロックなのかブルースなのか判別のつかないアダム・ロジャースの唸るギター、フェンダーローズにまるでディストーションを掛けたようなクレイグのワイルドなプレイ、ネイト・スミスの暴走ドラムが一丸となって迫ってきます。

5曲目以外は10分以上のダイナミックな演奏が続き、息をつくヒマがありません。通して聴いてドッと疲れて、でもすぐにリピートさせられる演奏には、そうそうお目にかかれるものではありません。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/18(木) 20:52:20|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<#339 Live/Philip Catherine Quartet (Dreyfus-CD) | ホーム | #337 Seven Standards and a Blues/Ernie Henry Quartet (Riverside)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

実は私も先週にこのアルバムを手に入れたばかりです。まだ3度ほど聴いただけなのでキッチリとした感想を持つにいたってはいません。
前回のアンダーグラウンド名義の作品より一歩踏み込んだグループの音が聴こえるようにも思えます。
個人的にはこのグループへのクレイグ テイボーンの参加が嬉しいです。
もうちょっとまとまった感想を持てるようになったら記事にするかもしれません。
ポッターにはまだまだこれからののびしろを感じますしたくさんの引き出しがあるようで楽しみです。
  1. 2007/10/19(金) 01:03:15 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

これは良さそうですね~。
ぜひ聴いてみたいと思います。

クリス・ポッターといえば、来週生で聴くことができるので非常に楽しみです!
  1. 2007/10/19(金) 09:13:42 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こちらのコメントも有難うございます。

実は前作の『Underground』をまだ聴いていないのですが、この作品で俄然興味を持ってしまいました。恐らくすぐ取り寄せると思うのですが暫らくこちらの作品には取り憑かれそうです(笑)。

>クレイグ テイボーンの参加

彼はこのグループでは断然効いていると思います。凄いグルーヴ感でベース・ラインも強烈ですね。

>もうちょっとまとまった感想を持てるようになったら記事にするかもしれません。

是非是非お願いします。当方は抽象的な感想文を挙げているだけ(笑)なので期待してしまいます。Sonnyさん、もう一方の『Song for Anyone』は聴かれましたか?
  1. 2007/10/19(金) 18:55:25 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは!

是非お試し下さい!エネルギッシュなライブですので気に入られると思いますよ。

>クリス・ポッターといえば、来週生で聴くことができるので非常に楽しみです!

おお!デイヴ・ホランドに行かれるのですね。羨ましいです。BN-TOKYOのHPをチェックしたら、また若干あるようですねぇ。うーん、今月グラスパー体験で上京しただけに時間的にも予算的にもちょっと厳しい状態です(泣)。是非レポートお願いします!
  1. 2007/10/19(金) 19:02:30 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

『Song for Anyone』なんですが、ライブ盤と同時発売であったので予算の関係上購入出来ませんでした。ストリング入りの自作曲集だそうで、どちらを取るかと考えるとライブ盤ということになりました。
英語のサイトになりますがall about jazzに紹介記事がありましたのでよろしければごらん下さい。
http://www.allaboutjazz.com/php/article.php?id=26750

ぬどいさんの頭越しで失礼しますが、piouhgdさんの行かれるデイブ ホランドは全く羨ましいです。いつものとおり大阪はスルーです<(`^´)>
  1. 2007/10/20(土) 03:18:52 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんにちは。

『Song for Anyone』スルーされておられましたか。他所のブログで絶賛されているので気になっておりました。

リンクも有難うございます。翻訳に掛けながら読んでみます(笑)。「Underground」のことを - a feature for his high energy, rock- and funk-inflected Underground groupと紹介しているのには笑いました。

>デイブ ホランドは全く羨ましいです。いつものとおり大阪はスルーです<(`^´)>

いいですよね~。当地のロケーションや予算的なことがクリアできれば行きたいのですが・・・。今回は残念ながら行くのは難しい状態です(泣)。名古屋公演が明日あるようなのでBNのあるところをまわるということなのでしょうね。BN大阪は何故閉めたのでしょうかね。関西のジャズファンの為に何とか復活してほしいですね(切実)。
  1. 2007/10/20(土) 13:45:57 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/344-cda61a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。