イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#341 Come Escape With Me/Amina Figarova (Munich-CD)

Amina Figarova


1.Come Escape With Me
2.Hot on the Trail
3.Flight of Fancy
4.Mr. T. M.
5.Dancing in the Wind
6.Buckshot Blues
7.Zealot
8.Awakening
9.Blues for Wiro
10.Destiny
11.Market Place
12.Reaching Out to You

Amina Figarova (p) Marcel Reys (tp,fl-h) Tom Beek (as,ss)
Kurt van Herck (ts) Bart Platteau (fl,B-flat-fl,wooden-fl)
Wiro Mahieu (b) Chris Strik (ds)

Rec-2005



分厚いホーン・セクションにアゼルバイジャンの女流ピアニスト、アミーナ・フィガロワが挑むセプテット。

とにかくホーンセクションが凄いというので引っ張ってきたのですが、確かに4人の様々な楽器が一斉にテーマを奏で、各々がしっかりとソロを展開する作りであるので興奮度が増しますなぁ。しかもアミーナ嬢の提案するものはダイナミックな楽曲が多く、そしてクールな曲が満載でなかなかの手応えを感じました。しかもそういった展開を統率するのが彼女自身なので、当然埋もれることなく応戦しておりそのプレイにも主張が感じられ、男勝りと言ってはなんですが骨っぽいところも窺わせ、一転して静かな曲ではリリカルなタッチも見せます。

1曲目や4曲目、6曲目などのスリリングな曲は実に爽快で、豪快でゴージャスな演奏は大きめの編成での醍醐味を満喫できる内容です。ちょっと病み付きになりそうです。

彼女の作品は今日取り上げたものを聴いたのが最初なので、まだどのような力量の持ち主か計りかねますが、残されている作品はクインテット以上の中編成ものが多く、またヴォーカルを執っているものもありコンテンポラリーな内容のものも含まれているようで奥行きの深さを感じさせます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/21(日) 17:28:15|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#342 Live at Copenhagen Jazzhouse/Petter Wettre Trio (Household-CD) | ホーム | #340 South Pacific in Hi-Fi/Chico Hamilton Quintet-The King and I/The Mastersounds (World Pacific)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/347-b2fd77ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。