イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#343 Puttin' it Together/The New Elvin Jones Trio (Blue Note)

Elvin Jones - Puttin’ it Together


A
1.Reza
2.Sweet Little Maia
3.Keiko's Birthday March

B
1.Village Greene
2.Jay-Ree
3.For Heaven's Sake
4.Ginger Bread Boy

Elvin Jones (ds) Joe Farrell (ts,ss,fl) Jimmy Garrison (b)

Rec-1968



自分がピアノ・レス・トリオが好きなのは、恐らくこのあたりにルーツがあるんだろうと思っています。

コルトレーンの元を離れたエルヴィンのとった道がこのスタイル。BNに残された彼の数作は多少の編成の増減はあるのですが、ピアノが入りません。ピアノ・レスでのトリオとしてのフォーマットではこのアルバムと、全く同じメンバーで録音された『The Ultimate』があり両方とも好きで良く聴きます。いずれもデューク・ピアソンがプロデュースしているんですね。どちらにしようか迷いましたが、エルヴィンらしさをよりこのアルバムに見出しているので今日はBNでの第一作目のコレを。そういえばエルヴィンはロリンズの超ド級の名盤『A Night at the Village Vanguard』(Blue Note)の6曲のうち5曲をピアノ・レス・トリオで10年以上前に参加していましたねぇ。彼のこのスタイルがシックリ来るのはこのアルバムの存在があったからなのかも知れません。

エルヴィン&ギャリソンという最強のリズムにジョー・ファレルの縦横無尽のリードが舞う絶品の展開で、濃密なひと時が得られます。こういうウネリを感じられる作品は聴いていて無意識に揺さ振られる威力があります。ココでのファレルはその魅力を十分に発揮しており三種の管を駆使したプレイは圧巻です。奥さんにバースデイ・マーチを捧げたA-3では、クレジットされているフルートがピッコロの間違いでは、という意見を拝見したのですが、なるほどそんな感じですねぇ。相変わらず指摘されて意識する駄耳っぷりです。ギャリソンのベースとエルヴィンのドラムの相性が抜群なのはこのアルバムでも当然で、エルヴィンは結構ソロも執っており重戦車リズムをこの作品でも食らわされます。

エルヴィンは好きなドラマーなので全貌を掴むべく全てを聴いてみたいのですが、まだまだ道半ばの状態です。何合目辺りにいるのかすら判りませんが・・・。



御礼:本日を以って二年目に入りました。愚にもつかぬものを日々披露し赤面の至りですが幸いに貴重なご意見も賜り大変有難く思っております。PCトラブルと旅行で留守にした時以外、デイリーで更新できたのは飽き易い当方にとってはささやかながら個人的快挙であります。今後もショボイ感想文を性懲りも無く日々挙げていくと思いますが冷やかしにでもいらして下されば幸甚です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/23(火) 00:08:16|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#344 Trilogue-Live!/Albert Mangelsdorff-Jaco Pastorius-Alphonse Mouzon (MPS) | ホーム | #342 Live at Copenhagen Jazzhouse/Petter Wettre Trio (Household-CD)>>

コメント

一周年おめでとうございます!
世の中には、まだまだ知らない音楽がたくさんあるのだな、といつも楽しく拝見しております。

エルヴィンは、とても興味のあるドラマーですが、リーダー作となるとまだ1枚しか聴いてません。
エルヴィンほどの人でも、限られたアルバムを除いてすぐ杯盤になってしまうのが残念ですね。
  1. 2007/10/23(火) 13:31:42 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

>一周年おめでとうございます!

有難うございます!適当な気持ちで始めましたが、半分日課のようになってきました。やってみると一年というのはあっという間ですね。

>世の中には、まだまだ知らない音楽がたくさんあるのだな、

コレはまさに自分にも当てはまっていて、皆さんのブログを拝見し参考にさせていただいております。好奇心の塊なので色んなものに首を突っ込みすぎてしまい身動きがとりにくくなって来ました(汗)。ちょっと自重しなければ。

ジャズの作品に限ったことではないのでしょうが、廃盤になるサイクルは昔よりはるかに早くなったような気がします。発売前に狙いを定める事が出来ればいいのでしょうが、なんでも手を出すというわけにはいかないですし、全く悩ましいですね。

エルヴィンのライト・ハウス、早く復刻されるといいですね。
  1. 2007/10/23(火) 18:39:30 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

私からもお祝い申し上げます。

ぬどいさん、こんばんは。

無精者の私は週に一度のブログの更新も出来ません。情けないことですなぁ。夏の友を八月三十一日の晩遅くまで泣きながら片付けていたくちです。
いやいやぬどいさんのつめの垢でもせんじてのませてもらわんとあきませんなぁ。まったく感心至極です。

エルヴィンのブルーノート時代のアルバムはどれも水準の高い好アルバムだと思います。エルヴィンと言う人が世間で言われるように野生的なだけではなく、コンセプトがしっかりした曲作りをする人だと言うのが良くわかりますね。
フリーに突入したコルトレーンとは袂をわかつことになったのは当然であったように思います。

ライオンの引退した後のブルーノートのアルバムはあまり人気がなくて、このあたりのアルバムは結構な安値で購入できていましたがこのアルバムなんかはそうもいかないようですね。
『The Ultimate』あたりもいい値がつくのかしらん。



  1. 2007/10/24(水) 02:35:26 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

いつも有難うございます。

Sonnyさん、こんばんは。

コメント有難うございます!お蔭様で何とか一年が経過しました。

>夏の友を八月三十一日の晩遅くまで泣きながら片付けていたくちです。

全く一緒です。アレは強迫観念を植え付けられますねぇ(笑)。

コレを始めてジャズを聴くのが完全に日課になったので、その延長でやっているだけなのですが、基本的には自分の好みに関係なく所有物全てを対象にその日聴いたものに感想をつけようと思って始めました。知識がないので必然的に文章が短くなってしまい、結果チープな感想文と化していますが、継続という意味ではそれが毎日続いた要因かもしれません(汗)。

ブルー・ノートのエルヴィンは好きで良く聴いています。変な表現で恐縮ですが、何かから開放された自由なエルヴィンを聴いているような感じを受けます。もちろんトレーン時代を苦手と言っているのではありませんし、トレーン時代に比べてという意味です。

>このあたりのアルバムは結構な安値で購入できていましたがこのアルバムなんかはそうもいかないようですね。

私もこのあたりのアルバムに大層な金額を投じた覚えがないのですが、『The Ultimate』も含めてそこそこの値段にはなっているのでしょうね。根がショボイので元来大枚をはたけない性格です。購入が後追いになると比較的出費が大きくなるような気がしますね。そういった意味では旧譜に関しては折々のジャズ・ジャーナリズムに沿って購入していくことは止めたほうがいいということでしょうかね(笑)。
  1. 2007/10/24(水) 20:16:13 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/349-eb0b9b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。