イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#344 Trilogue-Live!/Albert Mangelsdorff-Jaco Pastorius-Alphonse Mouzon (MPS)

Mangelsdorff-Pastorius-Mouzon


A
1.Trilogue
2.Zores Mores
3.Foreign Fun

B
1.Accidental Meeting
2.Ant Steps on an Elephant's Toe

Albert Mangelsdorff (tb) Jaco Pastorius (el-b) Alphonse Mouzon (ds)

Rec-1976



しつこくピアノ・レス・トリオを。

アルバート・マンゲルスドルフのベルリン・ジャズ・デイでの実況録音。コレもライブ・アルバムです。

ただコレは今まで取り上げたものとはちょっと毛色が変わっていて、かなり即興性の高い作品です。そもそもジャズ自体が即興音楽ですが、アプローチの仕方が若干前衛的な部分があるのと、メンバーでも解る通り繰り出されるサウンドは斬新であり彼らの持つユニークな面も強調されています。

マンゲルスドルフの一筋縄でいかないトロンボーンは何とも掴み所がなく飄々としており、ライナーの受け売りですがこのライブでは全面的にマルチ・ヴォイス奏法というアプローチを使っています。聴いた感じでは、同時に声を出しながらトロンボーンを吹くということのようです。字面だけだと奇抜な感じがしますが実際はそうでもなく個の強い三人にはこのくらいの自己主張は逆に必要な気がします。

ジャコはどのようなシチュエーションでもそれと判るプレイはさすがで、この作品でもワン・アンド・オンリーのベース・プレイが展開されます。ジャコ・パストリアスとして特筆すべき演奏は、自身のリーダー作をはじめ、他の作品のほうに秀逸なものがあるのは間違いないと思いますが、凡百のベーシストと一線を画する存在感はさすがといえます。

アルフォンス・ムザーンのプレイはラリー・コリエルあたりのアルバムで聴いたことがあり、ドタバタした特徴のあるサウンドが耳の奥にこびりついていましたが、このライブではさらにそのサウンドがパワー・アップしておりエキサイティングで圧巻です。

決して万人向けとは云えない内容ですが、この異色の組み合わせは一聴に値するもので、ジャズの概念を払拭したサウンドが問答無用で迫ってきます。刺激を得てみたい方にオススメします。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/24(水) 01:25:58|
  2. Trombone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#345 In the Beginning There was the Rhythm/Zsolt Kaltenecker & Des (KCG-CD) | ホーム | #343 Puttin' it Together/The New Elvin Jones Trio (Blue Note)>>

コメント

マンゲルスドルフが・・・

私もマンゲルスドルフの声混じり?のトロンボーンの音色が大好きですが ジャコとのライブ盤がMPSから出ていたなんて今日はじめて知りました。是非聴いて見たいです。

また、遅ればせながら 1周年おめでとうございます!
同じくエルビンも大好きなドラマーの一人です。
亡くなる前にピットインで恒例のライブで「至上の愛」を聴いて 言葉は悪いですが腐ってもエルビンだなーと感心したのを思い出します。
BNのデイブ・ホランド行きたいですね。残念ながら ちょっと無理ですが。
  1. 2007/10/24(水) 23:08:49 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

sheppさん、こんばんは。

>遅ればせながら 1周年おめでとうございます!

有難うございます!開始当初は皆様にご意見を寄せて頂けるとは思ってもみなかったので大変感激しております!

>ジャコとのライブ盤がMPSから出ていたなんて今日はじめて知りました。

メンバーだけ見ると非常に興味深いですよね(笑)。CDだと比較的安価で入手可能のようですよ。マンゲルスドルフの個性的なプレイはツボに入ると抜けられなくなる魅力がありますよね。

>亡くなる前にピットインで恒例のライブで「至上の愛」を聴いて

わぁー、いいですね。羨ましいです。親日家のエルヴィンなので聴くことが出来るチャンスは他のアーティストよりは今思えば多かったですが、ついぞそのチャンスを生かすことも出来ませんでした。残念に思っています。マンゲルスドルフとエルヴィンも『The Wide Point』(MPS)で競演していますよね。これもピアノ・レス・トリオでダイナミックなエルヴィンと、のらりくらりとしたマンゲルスドルフの組み合わせの妙が面白い好きな作品です。

>BNのデイブ・ホランド行きたいですね。

今週の月~木でBN-Tokyoに来ているんですよね(溜息)。当地のロケーションを憾みます。次の機会がなかなか読めない海外のプレイヤーなだけに残念です。クリス・ポッターも見たかった・・・。
  1. 2007/10/25(木) 00:08:32 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/350-d52f7eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。