イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#348 All Alone/Dolo Coker (Xanadu)

Dolo Coker


A
1.Reflections
2.Sine and Cosine
3.Just You
4.Cabin in the Sky

B
1.All Alone
2.The Things You Never Said
3.Spectrum
4.Try a Little Tenderness

Dolo Coker (p)

Rec-1979



台風で外が豪雨であったので、出かけるのも億劫になり家で温もりのある物でも聴いていようということになり、適当なものを色々と物色してみた。で、なんとなくこのレコードを載せてみる。

ドロ・コーカーのソロ・ピアノ。うーん、猛烈に渋い。ジンワリ来る。セピア色である。雄弁でなく訥々としゃべっているようである。何かホッとする音色がします。でも暖炉のようで好いピアノです。流し聴きだとサラッとしたプレイに受け取るかもしれないけれど、タッチは結構重く、彼のピアノは端々に薄っすらと黒さが滲み出ている。

最近シミジミとしたものに惹かれる自分がいる。あまりそのような印象にドロ・コーカーを結びつけるのは怒られそうな気もするが仕方ない。ここでのコーカーは一音一音を大切に弾いているように感じられ、ピアノに対する真摯な姿勢に好感が持てます。以前はなかなかコレの良さを認識できずに苦労したけれど、こういう音楽を受け入れられるような齢になったことを喜ばしく思っています。

年相応のものが理解できて来たような感じというのは自分が勝手に言っているだけであるので、客観的には「どこが?」と言われそうな気もします。実際にワイルドなジャズを人一倍喜んで聴いているのでねぇ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/28(日) 00:54:37|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#349 Intuit/Kurt Rosenwinkel Quartet (Criss Cross Jazz-CD) | ホーム | #347 Opus in Swing (Savoy)>>

コメント

記事を見てあらためて聴いてみました

ぬどいさん、こんばんは。

ドロのリーダー作と言うのは知るかぎりザナドゥでの4枚だけなんでしょうかね。その中でも一番ターンテーブルに載せる機会が少ないのがこのソロアルバムです。
ドロと言う人は私には結構なかなか心のうちを開いてはもらえないピアニストでして、自分の内へと演奏をするような人である気がします。硬ーいピアノの音もちょっととっつきにくい感じです。
聴きなおしてみても今回もまだ自分の中に納得のいく感想がまとまりませんでした(悲)。

同じリーダー作の中ではペッパーとミッチェルの共演が面白い「カリフォルニア ハード」を聴くことが多いです。

しかしシュリッテンと言う人はドロとかミッキー タッカーのような陽のあたらないミュージシャンに目をつけるのが上手い人ですなぁ。
  1. 2007/10/31(水) 02:53:29 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

なかなか陽のあたらないアーティストは情報も少なく、例えば近況など調べるのも難儀しますよねぇ。先ほど米wikiで検索を掛けてみましたが、ディスコにはザナドゥの4枚だけがアップされていました。この作品は最後の4作目に当たるようですね。83年に癌で亡くなられているようで、コレも初めて知りました。

>一番ターンテーブルに載せる機会が少ないのがこのソロアルバムです。

私はリーダー作としてはこのソロしか体験できていない為、他のコンボでのドロのプレイに接していません。ただ、ペッパー名義の「Intensity」でのドロのプレイは捨てがたい味わいがあると思っています。これとてザナドゥの諸作から20年近く前のものであるので比較の対象にならないかもしれませんね。

硬い音色、内省的プレイ、その通りですね。私も長い間ピンとこなかった彼のとっつきにくい演奏が、最近は徐々に解凍されて近づいてきてくれたようなそんな気になっております。

>しかしシュリッテンと言う人はドロとかミッキー タッカーのような陽のあたらないミュージシャンに目をつけるのが上手い人ですなぁ。

同感です。渋いアーティストと多く関わっていますよね。もちろんセールスが大きいに越したことはないでしょうが、こういう渋い連中を聴くこともジャズの大きな魅力と云えるでしょうね。
  1. 2007/10/31(水) 19:16:03 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/354-b043074d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。